1. 【例文】昇進の挨拶「拝命しました」の使い方は? 昇進の決意表明の書き方を解説

【例文】昇進の挨拶「拝命しました」の使い方は? 昇進の決意表明の書き方を解説

【例文】昇進の挨拶「拝命しました」の使い方は? 昇進の決意表明の書き方を解説 1番目の画像

 「昇進」はこれまでの努力の末に得られた結果だ。

 光栄で喜ばしい「昇進」だが、昇進の際には決意表明文という昇進の挨拶を書く必要がある。

 今回は決意表明文を書くときの注意点、昇進の挨拶に用いる「拝命」の使い方について紹介したい。

昇進の決意表明文で使われる「拝命」とは

本記事のまとめ

  • 「拝命」は、任命されることの謙遜表現で、目上の人から官職や役割などの命令や指示を受けて、謹んで引き受けることを意味する
  • 必ず自分が主語になるように使う

 「拝命」という言葉は、なかなか普段の生活で使うことはないだろう。

 拝命は、昇進の決意表明文を書く際に有効な表現だ。以下に拝命の意味とその使い方について紹介したい。

昇進の決意表明文で使える「拝命」の意味

 「拝命」とは、任命されることの謙遜表現である。

 目上の人から官職や役割などの命令や指示を受けて、謹んで引き受けることを意味する。 

昇進の決意表明で使える「拝命」の意味

  • 任されることの謙遜表現
  • 目上の人から官職や役割などの命令や指示を、謹んで引き受けること

昇進の決意表明文で覚えたい「拝命」の使い方

 上記で説明したように、「拝命」は目上の人からの指示を受けるときに使われる謙遜表現である。

 謙遜表現は自分を低くすることで、相手を敬う表現であり、他の誰かが拝命するときには使わない。

 必ず自分が主語になることを覚えよう。

 「(官職)に拝命する」「(官職)を拝命した」「(官職)を拝命いたしました」という形で、しばしば使われる。

昇進の決意表明での「拝命」の使い方

  • (官職)に拝命する
  • (官職)を拝命した
  • (官職)を拝命いたしました

昇進の決意表明で気をつけるべき「言葉遣い」

【例文】昇進の挨拶「拝命しました」の使い方は? 昇進の決意表明の書き方を解説 2番目の画像

 決意表明での言葉遣いが正しくないと、言葉の使い方もわからない人というレッテルを貼られかねない。

 また、昇進した人間が基本的な言葉遣いを習得できていないのは、不甲斐ないものだ。

 決意表明文のような公の文書を書く際には、いつも以上に言葉遣いに気をつけよう。

昇進の挨拶:「本日付で、係長・課長職を拝命いたしました〇〇です」

 例えば「係長・課長になりました、○○です」や「係長・課長にしてもらった、○○です」という言い方は、会社で決意表明をする挨拶の場においてはNG。

 「本日付で、係長・課長職を拝命いたしました〇〇です」というのが正しい挨拶の仕方だ。

 また、挨拶文の最後によく使われる「今後ともよろしくお願いします」というフレーズもNGだ。

 「まだまだ若輩者ですが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」などの丁寧な言葉で決意表明文を結ぼう。

決意表明の挨拶におけるNGフレーズ

  • 「係長・課長になりました、○○です」
  • 「係長・課長にしてもらった、○○です」
  • 「今後ともよろしくお願いします」

【例文】決意表明の挨拶

  • 本日付で、〇〇を拝命いたしました△△です。
    ■■さん(上司、先輩)を始め、みなさまのご支援の賜物だと存じます。

    まだまだ若輩者ですが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

昇進の際に決意表明文に書くべきポイント

【例文】昇進の挨拶「拝命しました」の使い方は? 昇進の決意表明の書き方を解説 3番目の画像

昇進の決意表明文には「感謝の気持ち」と「謙虚な態度」を示す

 決意表明文で大切にするべきポイントは、「感謝の気持ち」と「謙虚な態度」だ。

 昇進できたのも上司や会社の同僚に支えられてのことだという「感謝の気持ち」と、まだ至らないところもあるのでこれからもよろしくお願いしますという「謙虚な態度」が伝わる文章にしよう。

 先に紹介したような言葉を使い、前半に昇進にあたっての感謝の挨拶を書き記し、これからもお願いしますという言葉で締めるのがスマートな書き方だ。

 挨拶と締めの言葉の間には、自己紹介的な内容や仕事において重要だと考えていることを書くとよいだろう。

 いずれにせよ、「感謝の気持ち」と「謙虚な態度」だけは欠かさずに伝えることを心がけるのが重要なのだ。

【例文】昇進の決意表明文

  • 人事部 〇〇殿

    拝啓

    いつもお世話になっております。〇〇でございます。
    このたびは一方ならぬお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

    入社して○年目にして、〇〇(職種)という大役をおおせつかり、
    誠に恐縮ですがありがたい思いでいっぱいです。

    今回〇〇に任命いただき、嬉しい反面、その責任の重大さを痛感しております。
    微力ではございますが、〇〇部〇〇(役職)として会社が納得のいく実績を上げるべく、業務に邁進していく所存であります。

    まだまだ若輩者ですが、会社の発展のために精一杯尽くしてまいります。
    今後とも、より一層のご指導・ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

    敬具


 昇進の決意表明文に必要なのは上下関係を守った言葉遣いと、感謝の気持ち、謙虚な態度ですがこれらは昇進してからも欠かせないもの。

 決意表明を丁寧に行なって、昇進後の新たな立場での仕事を気持ちよくスタートさせよう。


昇進後の給与に満足してる?年収アップを目指して転職するなら「CONNECT」

【例文】昇進の挨拶「拝命しました」の使い方は? 昇進の決意表明の書き方を解説 4番目の画像

 「CONNECT」は、20代後半から30代前半を対象にした、スピード転職で評判の転職サービスだ。

 「昇進したものの、自分の望んでいた額よりも給与が少ない……」と、あまり喜べずにいる人もいるかもしれない。最近では、転職によって年収をアップする人が増えている。

 「CONNECT」なら、求職者と採用決裁者を直接つなげるから、求人サイトや企業の人事担当者、部門担当者を介さずにスピーディな転職が可能だ

 さらに、企業の採用決裁者とフランクに話せるため、企業とのミスマッチを防ぐこともできる。

 昇進後の給与に不満のある人は、まず「CONNECT」に登録してみてほしい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する