1. 挨拶するときはここに注意!昇進の決意表明の書き方

挨拶するときはここに注意!昇進の決意表明の書き方

挨拶するときはここに注意!昇進の決意表明の書き方 1番目の画像

 「昇進」は自分がこれまで仕事に取り組んできた姿勢を上司や会社に認められ、その結果得られた成果だ。

 光栄で、とても喜ばしい「昇進」だが、昇進の際には決意表明文という昇進の挨拶を書く必要がある。今回は決意表明文を書くときの注意点について紹介したい。

昇進の決意表明で気をつけるべき「言葉遣い」

 決意表明での言葉遣いが正しくないと、言葉の遣い方もわからない人というレッテルを貼られかねない。

 また、昇進した人間が基本的な言葉遣いを習得できていないのはとても恥ずかしいことである。

 決意表明文のような公の文書を書く際には、一層言葉遣いに気をつけよう。

昇進の挨拶:「本日付で、係長・課長職を拝命いたしました〇〇です」

 例えば「係長・課長になりました、○○です」や「係長・課長にしてもらった、○○です」という言い方は、会社で決意表明をする挨拶の場においてはNG。

 「本日付で、係長・課長職を拝命いたしました〇〇です」というのが正しい挨拶の仕方だ。

 また、挨拶文の最後によく使われる「今後ともよろしくお願いします」というフレーズもNGだ。

 「まだまだ若輩者ですが、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます」という丁寧な言葉で決意表明文を結ぼう。

昇進の際に決意表明文に書くべきポイント

挨拶するときはここに注意!昇進の決意表明の書き方 2番目の画像

昇進の決意表明文には「感謝の気持ち」と「謙虚な態度」を示す

 決意表明文で大切にするべきポイントは、「感謝の気持ち」と「謙虚な態度」だ。

 昇進できたのも上司や会社の同僚に支えられてのことだという「感謝の気持ち」と、まだ至らないところもあるのでこれからもよろしくお願いしますという「謙虚な態度」が伝わる文章にしよう。

 先に紹介したような言葉を使い、前半に昇進にあたっての感謝の挨拶を書き記し、これからもお願いしますという言葉で締めるのがスマートな書き方だ。

 挨拶と締めの言葉の間には、自己紹介的な内容や仕事において重要だと考えていることを書くとよいだろう。

 いずれにせよ、感謝の気持ちと謙虚な態度だけは欠かさずに伝えることを心がけるのが重要なのだ。


 昇進の決意表明文に必要なのは上下関係を守った言葉遣いと、感謝の気持ち、謙虚な態度ですがこれらは昇進してからも欠かせないもの。

 決意表明を丁寧に行なって、昇進後の新たな立場での仕事を気持ちよくスタートさせよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する