1. 希望は無限!英語が話せない社会人がすべきこと

希望は無限!英語が話せない社会人がすべきこと

by Wootang01
 このご時世において、社会人として日常会話レベルの英語ぐらいは最低限、話して欲しいというような時代の流れになってきています。そんな中、英語がどうしても苦手だという社会人の方もいるでしょう。しかし、英語は自分に適した勉強を行えば必ず出来るようになります。今回は英語が話せない社会人がすべきことについて紹介していきます。

1. 英語がどうして苦手なのか考える

 社会人にとって英語を勉強するという事は、会社からの指示という場合もあるかもしれませんが、大抵の場合は自分の意思で勉強をするという事が多いのではないでしょうか。そういった場合、学生の頃の勉強とは違い、勉強するペースも内容も自分で考えなければなりません。

 その場合まずは、英語になると話せないのか、日本語でも、とにかく話すのが苦手なのかといった苦手な理由を分析する事から初めてみる事をお勧めします。苦手な理由さえわかれば、その苦手を克服する為の勉強方法がわかり、それを行えば良いのです。

 例えば、英語でも少人数での会話は出来るが、プレゼンになったり、大勢の前での発表などになると、どうしても苦手で話せなくなってしまうという場合もあるでしょう。これは何も英語の勉強に限った事ではありませんが、どうして苦手なのか、その理由を考える事をしなければ、がむしゃらに勉強したとしても、思うような結果は望めなかったり、頑張る方向性すら間違えるという事になりかねません。

2. 苦手な理由がわかれば、それぞれの克服に向かう

 まず、そもそも英語自体が苦手だから話せないというのであれば、英会話学校に通うなり、英語に触れる事から初めましょう。英語に触れる機会を生活の中に取り入れていくのです。

 日常会話は問題無いけれども、プレゼンなどになってしまうと、どうしても緊張してしまうという人の場合は、当日本番をイメージしながら何度も話す練習をしましょう。日本語の発表でも同じです。少しでも緊張を和らげ、自身の能力を最大限引き出すのです。

 苦手な理由さえわかれば、後は克服するように努力するだけです。自分の苦手な理由に応じて勉強してみましょう。

 以上が、英語が話せない社会人がすべきことです。社会人の勉強は自らの意思です。英語が話せないというマイナス点を克服する為に、自分でも楽しい、頑張れると思えるような工夫を勉強に取り入れる事が出来るとよいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する