1. 企業がFacebook広告を出すときに覚えておきたいポイント

企業がFacebook広告を出すときに覚えておきたいポイント

by yee tong
 現在の生活において、ソーシャルメディアは生活に欠かせないオンライン上のコミュニティとなりました。このコミュニティを利用し、多くの人が新たな繋がりや今までの繋がりを強固なものとし、本来であれば顔を合わせることのできない海外にまで自らのコミュニティを簡単に広げることが可能となりました。

 それによって多くの新しいビジネスも台頭し、従来通りの働き方をしているようでは、今後の国際化社会を生き抜いていくことが難しいというのを実感できるような状況も増えてきました。

 敏感な人々は、個人や企業を問わずすでに各ソーシャルメディアを利用した新しいサービスの準備や運用を始めており、今後そうでない人たちとの格差が生まれるのは火を見るより明らかです。マーケティング担当者であれば、最低限のシステムやルールを理解し、自社に対してそれが必要か否かの判断は必ず行うべきでしょう。

 また、Facebookでのマーケティングにはそこに合った方法というものが存在しており、理解を深めた上で利用することで、それに見合った効果を得ることができます。そこで今回は、その中の一つでもあるFacebook広告を出すときの適切な頻度についてご紹介していきます。

自社にとって効果的な時間帯や頻度を知る

 広告の投稿回数や必要な頻度は、その広告の宣伝内容や広告のインパクト、また商品の魅力の大小など様々なシーンにより変わってくるということを理解しましょう。そのために自ブランドにとって必要な頻度や時間帯を見つけることが先決です。

 ここが分かっていなければコストも無駄になってしまいますし、同じ広告が何度も届いてしまうことで、少し興味を持ち始めていたユーザーにとってもネガティブアクションを起こす引き金となりかねません。一度きりというわけではなく、今後も引き続き利用していくのであればなおさら自ブランドにとって必要な情報ですので、あらかじめ把握しておくようにしましょう。

 そのためには、Facebook広告を使ってサンプル数を多く取る必要が出てきます。テストを何度か繰り返しているうちに、自ブランドに最適な広告内容や頻度を掴めるようになってくるでしょう。

無駄な投稿をしすぎない

 先述したように、投稿をしすぎることでユーザーのネガティブアクションに繋がる恐れもありますし、その前に投稿したものから新しい投稿へとユーザーの興味も一気に奪われることとなってしまいます。そのため、前回の投稿からは時間を空けて量よりも質を意識し投稿するように心がけましょう。

 しかし、「いいね!」などでリーチを多く集めたとても反応のある投稿の次の投稿に関しては、より多くのユーザーに情報を届けられる可能性が高くなっています。そういった場合に限り、敢えてそれほど時間を空けずに投稿するなどといった戦略も必要となってきます。いずれにせよ、前提としてユーザーのコミュニケーションの場であることを意識し、宣伝が一方的になりすぎないように注意をすることで広告を受け入れられる可能性は高くなるでしょう。

 今回は、Facebook広告を出すときの適切な頻度についていくつかご紹介しました。ユーザーの利用する時間や役立ちそうな情報など、タイムリーに届けることでリーチは高くなり狙い通りの広告効果を得ることができます。全てに共通していえることは、ユーザーのことをしっかりと考えてコミュニケーションの一環としてソーシャルメディアであるFacebook広告を利用することが重要ということでしょう。

 ここが欠落してしまっていては、せっかくコストをかけた広告が埋もれてしまい、全く意味をなさないなどといった状況も生まれやすくなってしまいます。今回の記事を参考に、ぜひ魅力的な広告を適した頻度で発信し自社ブランドファンとの良い関係を築いていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する