1. マーケティングと広告を学びたい人が今すぐ読んでおくべき本の紹介

マーケティングと広告を学びたい人が今すぐ読んでおくべき本の紹介

by B.Riordan.
 一流の経営者や会社の社長たちは多くの困難にぶつかりながらも成功をおさめています。その際に必要なのは経営戦略です。経営戦略を立てる上でマーケティングや広告は大きな役割を果たします。では、経営学者や経営者たちの本からマーケティング・広告に役立つものをピックアップしていきましょう。

経営の新次元

 「企業は一つの「賭け」である。すべての事業は、現在の資源を未来の可能性に投資することである」と「経営の新次元」という本でアメリカの経営学者であるドラッカーは述べています。未来を予測することはできますが、未来は、必ずしも予測通りになるとは限りません。これは事業に限らず、私たちの生活にも「賭け」の要素が含まれています。しかし、予測や仮説が無意味というわけではなく、むしろ、それらは必要なものです。マーケティングや広告をするにあたって、より正確な予測をすることは重要になってくるでしょう。

超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から…

 「超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から…」岸正龍さんの著書です。名古屋のメガネ屋のオーナーが裏路地の小さな店から自分のブランドを立ち上げて構築し、一つの名ブランドを築き上げていくまでの実話を赤裸々に語っています。リアルな失敗談、成功話が描かれていて、最後まで飽きさせず読み終えられる本です。会社から必要とされる人材になるには、自分という人間をブランディングすることが必要。そう考えた時にこの本が参考になると思います。「もっと自分には出来る事があるのでは」という想いのある若い世代の人に特におすすめです。マーケティングや広告に関する知識も蓄えられるでしょう。


 マーケティングや広告に関する手法で成功している人から学ぶことはとても有益です。本を通じて視野を広めて、仕事に生かしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する