1. 英語が使える仕事の種類【身につけた能力を活かそう!】

英語が使える仕事の種類【身につけた能力を活かそう!】

by Dominic's pics
 英語を生かして世の中に貢献出来る仕事とはどのようなものがあるでしょうか?グルーバル化が進む今、とりあえず英語を身につけたけれど、実際には仕事で使う機会がないという人もいます。今回は、英語と自分の特性を生かして出来る最高の職業について考えてみましょう。

1. 翻訳&通訳

 英語を活かして仕事をしたいと思った事がある人なら、まず思いつくのは翻訳や通訳という仕事ではないでしょうか。

 翻訳と通訳という仕事はひとくくりにされることが結構多いのですが、少し考えてみると全く違う分野の仕事であるという事がわかります。翻訳という職業は、全く英語を話す事が出来なくても、発音がものすごく悪くても、英語の読み書きすら出来れば、とりあえずはスタート出来る仕事ですが、通訳という仕事はそういう訳にはいきません。通訳には話すというスキルも求められるという点が通訳と翻訳との一番の大きな違いです。

 ですが、この二つの仕事に共通して言えること、それは日本語の能力もある程度、求められるという事です。適切で美しい日本語を知っているということが翻訳でも通訳でも必要となってきます。

2.海外で働く

 英語を最大限に活かす事が出来る仕事として、海外で働く、もしくは日本国内で働くとしても、海外企業で働くという選択肢があります。

 海外で働く場合、英語の読み書きはもちろん、話したりするコミュニケーション能力も必要となってきます。また海外で暮らしていく訳ですから、日常生活の全てを英語で行えるようにならなければなりません。

 日本で働くのと色々な意味で制度や仕組み、何もかもが違い、初めは戸惑ってしまうこともあるかと思いますが、自分の力を信じて挑戦してみるのもよいかもしれません。

 以上が、英語を活かすことが出来る仕事の種類です。今回取り上げたのは、あくまでも一般的な例ですが、英語のみならず、自分の特性をも最大限に発揮できるような仕事の種類について、各々で是非とも考えてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する