1. 【もはや必須のスキル!?】社会人として英語を学ぶ必要性

【もはや必須のスキル!?】社会人として英語を学ぶ必要性

by Takashi(aes256)
 世間では、ビジネススキルとして英語が必要であると言われていますが、「業務では使わないし、必要がない」と思っているビジネスマンの方も多いのではないでしょうか。ここでは、社会人が英語を学ぶ必要性について紹介したいと思います。

社会人としての評価を上げる

 社会人として、自分のキャリアアップや、スキルアップによる年収向上は、目指すべき目標であると言えるのではないでしょうか。英語を学ぶことで、転職する際の年収が上がることや、昇進に有利になることから、社会人として英語を学んでおくことは、自分のためになり、必要なスキルと言えるでしょう。

日本国内でも英語を使う機会が増えている

 日本国内では、英語が必要ないと思うかもしれませんが、今や日本の中であっても英語を使う機会は増えてきています。例えば、最新の情報を得なければならない仕事の場合、英語の発表や記者会見を理解しなければなりません。また、英語のリファレンスを読まないといけない仕事もあります。日本国内でも英語を読む力や聞く力は求められているのではないでしょうか。


 ここでは、社会人が英語を学ぶ必要性を紹介しました。日本国内でしか仕事しないと思っていても、英語力が求められる場合があります。社会人として、英語を身につけることが役立つということをぜひ覚えておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する