1. 仕事の切り替えができない人のためのスイッチの入れ方

仕事の切り替えができない人のためのスイッチの入れ方

by yutaka-f
 長い休みが開けると休み気分のままにだらだらとして仕事への気持ちの切り替えができない人も多いでしょう。特に3日以上の休みがあるときは要注意です。そんなときのために気持ちを切り替える方法を紹介します。

やる気が出ない時のスイッチ入れ方

1. 体を動かす

 たとえばストレッチなどをしてみましょう。体を動かすことで血流が流れ、活力も出てきます。

2. まずは分類する

 休み明けで多いのは仕事が山積みになっていたり、前回までやっていた仕事の内容を忘れていたりすることです。まずは自分が何をするべきか、優先順位をハッキリさせましょう。

3. とにかく手を動かす

 電話をしたくなくても、受話器をにぎってみてください。資料を読むのが嫌でも、資料を手に取り、めくってみてください。気分が乗らなくても、意外と手を進めているうちに作業が乗ってくることもあります。うだうだ考えないでまずは手を動かしてみましょう。

やりはじめても気分が乗らないときのスイッチの入れ方

 どうしてもやる気が出ない仕事をするときはなんとかしてテンションを上げる方法を見つけましょう。

ゲーム性を設ける

 遊ぶことが好きな人なら、ゲーム感覚でやってみてください。タイムアタック形式にしてみたり、それぞれの仕事をミッションに見立ててみるのもいいでしょう。

ご褒美を考える

 10軒訪問先を回ったらおいしいランチを取りに行くなど目標を決めて、達成できたら自分にご褒美を与えます。そうすれば辛い仕事でももうちょっとだけ頑張ろうと思えるはずです。

 いかがでしょうか。やる気が出ない状況で仕事をしても能率はよくありません。これらの方法でシャキッとスイッチを切り替えて素早く仕事を片付けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する