1. 海外出張先で取引先に対して挨拶をする時に押さえておきたいポイント

海外出張先で取引先に対して挨拶をする時に押さえておきたいポイント


 自分がもし海外出張で英語の挨拶をすることになったら、緊張するでしょうか。英語に自信がある人でも、初対面の人に挨拶をするとなると、緊張する人がほとんではないでしょうか。ましてや、相手が外国人となればどのように振舞ってよいか分からず、戸惑ってしまうかもしれません。そこで今回は、海外出張で初対面の人と英語で挨拶をするポイントについてお話します。

しっかり目を見て挨拶する

 日本人は、あまり相手の目を見つめて話をしないと言われます。しかし、欧米人は、相手の目を見て話すことをとても重要だと考えています。初対面であれば、まず握手を交わします。その時は、必ず相手の目をしっかりと見て軽く笑顔で挨拶するようにしましょう。

 特に欧米では、目をみないで挨拶をすると本音を話していない、信用できない人だと思われます。じっと相手を見て話すことが、外国におけるマナーです。心に何か隠し事を持っている人だと思われないように気をつけましょう。

挨拶をする時に役立つ表現

 英語での挨拶では、握手をしながらHow do you do ?(始めまして)と挨拶するのが一般的ですね。確かに、中学英語ではそのように教えていますが、実際にはこの表現は少し堅苦しい表現ですので、Nice to meet you.とだけ言う場合が多いです。または、I am glad to see you.もいいでしょう。

 もしもすでに何度か電話やメールでやり取りなどをしている相手であるなら、Pleased to meet you.でも気さくな感じでいいでしょう。どんな場合も「心をこめて、笑顔で、目を見てあいさつ」がポイントです。

挨拶の後は自己紹介を始める

 挨拶の後は、名刺交換をして名刺を見ながら自己紹介などをします。まず何を話したらいいのか迷った時には、仕事のことや人間関係が気づけるような簡単な話題などを話せるように事前に準備しておきましょう。

 自己紹介で、名前を言うときはMy name is~です。担当している仕事について話すときは、I am in charge of〜でいいでしょう。自己紹介には色々な基本的表現がありますので、ある程度は質問することもされることも予測して、勉強してから出張に行きましょう。

 相手のへの気遣いの会話表現をたくさん覚えていると、会話を繋がえることができ、より良い人間関係が築けるようになるでしょう。英語で楽しく、お互いの意思疎通ができるように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する