1. 意外と知らないことも多い?朝礼の一般的な手順

意外と知らないことも多い?朝礼の一般的な手順

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 一日をさわやかに迎えるための朝礼ですが、司会役が回ってくると憂鬱になってしまうことはありませんか?不安になるのは、その手順をつかんでいないからです。ここでは会社での朝礼の一般的な流れを紹介します。

進めるべき手順を把握する

 下記が基本的な朝礼の進め方です。もちろん会社によって差がありますので、通例があるのならそれに従ってください。

1. 朝礼の挨拶

 「おはようございます。本日の朝礼を始めます」という基本的な挨拶で構いません。

2. 社訓の唱和などの声出し

 司会進行役の時には大きな声を出して皆を引っ張るつもりで行いましょう。

3. 各部署、担当者からの昨日までの報告と重要業務の確認

 問題点などを挙げて、皆で共有することも大切です。

4.短めのスピーチや今日の目標

 スピーチは司会がすることが多いので事前に内容を考えておく必要があります。ここ数日間のうちにあったニュースで、自分たちの仕事につながるような話題を考えておくとよいでしょう。

5. 上司や部長などによる本日の朝礼のまとめに

 一言貰えるようならなにか助言をもらいましょう。

6. 締めの言葉

 例としては、「これで、本日の朝礼を終りにします。今日も一日がんばりましょう。」などが基本的な文章です。


 どの行程でもハッキリと大きな声を出すことが大切です。朝礼は社員の一日のモチベーションに大きくかかわります。会社の状況にあった朝礼で社内の一体感を高めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する