1. ビジネスバッグに見合った手帳の大きさとその選び方

ビジネスバッグに見合った手帳の大きさとその選び方


 ビジネスバックと手帳は、社会人であれば多くの人が使っているものです。ビジネスシーンにおいてこの2つはビジネスマン必携のものですが、持ち運ぶために時には邪魔になってしまうこともあります。

 今回は外出先で出来るだけ邪魔にならないように、ビジネスバックに見合った手帳の大きさをご紹介します。

ビジネスバックの大きさ

 ビジネスバックの大きさはとても重要だと思います。大きすぎず、小さすぎずなおかつ手帳やいろいろなものの入る大きさ、また人によってはパソコンが入る大きさの必要な場合もあるでしょう。ビジネスバックで一番一般的なサイズはA4サイズが入る大きさのものだと思います。

 A4であればほとんどの手帳は入るでしょうし、ノートパソコンでも入るものは多いでしょう。またビジネスバックで必要なことは、機能性です。ビジネスで使用するのですから仕切りがきちんとあり、入れたものがすぐに分かったり取り出しやすいことは重要でしょう。

 素材もきちんとチェックしたほうが良いでしょう。機能性が高いものでも、本皮のものとなると中身を入れてしまうとかなりな重量になります。長持ちはするかもしれませんが、皮製だと雨に濡れるのもあまり良くありません。そのため、ナイロン製などの撥水性や防水性のある素材で軽量なものを選ぶことも重要でしょう。

バックに見合う手帳の大きさ

 さて、ビジネスバックの次は仕事で使う手帳です。もちろん、ビジネスバックやバック内のポケットに入る大きさというのは大前提です。普段使う手帳なので、使いやすいところに入ることが肝心です。ビジネスバックの一番取り出しやすいポケットに合うサイズの手帳が、大きさを選ぶときには適当でしょう。

 手帳にもスケジュール帖のようにある程度フォームが決められていてそれに沿って記入していくものだったり、ただノートのように白紙で自分の好きなように記入していくものなど色々な種類があります。初めは、フォームが決まっているものの方が使いやすいかもしれません。使っているうちにここがこうなっているといいのになど思うことがあれば、次からは白紙の手帳に変えてオリジナルのものを使ってもいいでしょう。

 面倒かもしれませんが、手帳を選ぶ際には普段それを持ち運ぶであろうビジネスバッグを持って行って、店頭で実際に試してみるのが良いと思います。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する