1. 仕事のレベルを上げるたい人が取り組むべき英語の継続的学習方法

仕事のレベルを上げるたい人が取り組むべき英語の継続的学習方法

by Bert Kaufmann
 英語は私たちにとっての第二言語なので、努力を怠ればその能力は衰えていきます。今回は、ビジネスで使える英語の学習方法を継続的にできるよう紹介していきたいと思います。

仕事で使う英語について考える

 仕事でどういった英語のスキルを使用しているのか、必要とされているのかによって、英語の学習方法は異なってきます。話す能力は求められず、ひたすら読み書きの力が必要とな仕事の場合であれば、もちろん読み書きに限った能力をアップさせるように心がけるべきであり、その為の方法の一つに英字新聞があります。新聞では会話で使うような英語よりもビジネスで使うことが多い単語も数多く出てきますし、時事的だという要素も含めて英字新聞というものは様々な学習に役立ってくれます。

 英語で読んだニュースを日本語に訳してみたり、また日本語のニュースを自分で英訳してみて下さい。コツを掴むまでは結構大変だと思いますが、慣れてくると決まった言い回しなどを利用しながら、効率良く学習出来るようになると思います。

英語脳を作り上げる

 日本人が一番苦手としていて、他のリスニングやライティングなどと比べて難しいとされているのがスピーキングです。スピーキング能力を上げることで、格段に仕事の効率はあがります。

 英語のスピーキングの練習を繰り返して、英語を話し慣れることで、頭の中で日本語から英語にいちいち訳していた作業が省略され、英語で考えそのまま英語で話すという英語脳が出来上がるのです。そのためには、普段から頭の中で考えていることを全て英語で訳す癖をつけてみてください。

 オフの時間にちょっとした努力をすることで、仕事の効率が格段にあがるようになります。是非、隙間時間を利用しながら勉強してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する