1. [節約を口だけにしない!]目標達成のために知らないといけない5つの習慣

[節約を口だけにしない!]目標達成のために知らないといけない5つの習慣

 新年の始まりや新年度の始まりには、多くの人がその年の目標を立てます。ビジネスマンであれば、自分の営業成績を伸ばすということもあれば、私生活でダイエットをするといったこともあるでしょう。

 しかし、毎年の決意はほとんどが達成されることなく消えてしまいます。では、どうして毎年そうなってしまうのでしょうか。それは多くの場合、目標が大きすぎるからです。

 負債を返済して節約をしてお金を貯める、という目標を掲げる割には日々の生活の中で何も行動を起こさないなんてことがよくありますね。高い目標を持つことよりも、まず根本的な習慣を変える必要があります。今回は「将来に向けて節約するぞ」という人のための5つの節約習慣を紹介します。

節約の秘訣1:一つの出費を追跡する

 予算をたてることが嫌いな人は多いです。10円玉の使い道をすべて記録することは、退屈なうえにほとんどの場合役に立ちません。自分がどこでお金を使ったかというのは、予算から決まるのではなく実際に自分が何にお金を使いたいかに影響していると知っているからです。

 しかしその代わりに、一つだけカテゴリを絞って支出を追ってみてください。これを習慣づけるだけでも大きく変わります。自分が問題意識を持っているカテゴリを一つ選んで、その出費を徹底的に調べてください。そして、そのカテゴリで出費を抑えることに成功したら、次のカテゴリを調べましょう。

 例えば食費であれば、スーパーで買った食料品や外食で使った食事代などをきちんと管理します。それだけで大きな節約意識を持つことが出来るのです。

節約の秘訣2:毎月の請求書をチェック

 年に2回は煙探知機の電池をチェックした方が良いと言われるように、自分の請求書も毎月チェックする習慣をつくりましょう。本当は必要としないサービスに気が付けばやめることができ、少なくともコストの削減にはつながります。

 ビジネスマンでよくあるのが、メルマガの定期購読などです。つい読むのを後回しにしがちなメルマガですが、最終的に読まずに鮮度が落ち、未読のままで終わってしまうこともあるでしょう。月額500円だとしても、年額にして6,000円にもなるので気にするべきでしょう。これは一つの変化で毎月節約ができるので「One-N-Doneメソッド」と呼ばれています。

節約の秘訣3:節約を自動化

 最も難しい習慣付けの一つが、節約と投資です。幸い私たちは節約の習慣付けを簡単に自動化できます。例えば、当座預金口座から金利を支払う普通預金口座に毎月お金を転送する設定をするだけで、緊急時の資金調達を自動化できます。

 さらにいいことに、自分が勤める会社の401kやIRAにログインすれば毎月自動的にお金を確保できます。

節約の秘訣4:毎日勉強する

 毎日学習をする習慣をつけましょう。勉強と言っても1日15分、金融やキャリア、サイドビジネスについての本を読むだけでOKです。

 財政や選択したキャリアに関連するブログを読むのも良いでしょう。成功するビジネスと富を築きあげることは自分が節約することではなく、備えとして、多く稼いで貯蓄することです。長い間、お金を保ち続けたいと思うのであれば、まずはお金がどのように動くのかなどの基本から知っている必要があります。

節約の秘訣5:家計簿などを使って進歩を記録する

 自分が測定しないものは改善のしようがありません。家計簿を指標として、進歩をチェックしましょう。

 家計簿は必ず毎月更新してください。時間があれば、毎週・毎日家計簿を付けましょう。ほんの数分の手間で、自分の家計の具合を診察できます。携帯やスマホのアプリを使えば、さらに簡単に収支の追跡や家計簿の作成ができますね。

 以上が節約を徹底するためにやるべき5つの習慣です。ビジネスマンは付き合いなどでつい出費がかさみがちになりますが、出費をしっかり管理しながら上手に付き合いをしていきましょう。

掲載元: 節約ZINE
ー節約ZIMEでは、毎日を忙しく生きるの皆様のために日々のお金に関する節約・お得情報を掲載しています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する