1. 新入社員が知っておきたいオフィスカジュアルのマナー -男性編

新入社員が知っておきたいオフィスカジュアルのマナー -男性編

by codersquid
 4月から新入社員として会社で働くことが決まり、新鮮な気持ちでビジネスマンとしての第一歩を踏み出している方も多いのではないでしょうか。多くの新入社員は、リクルートスーツや、無難な黒のスーツを現在着用していると思いますが、研修などが終わると、オフィスカジュアルを着用しても良いという決まりがある職場もあるでしょう。ここでは、男性の新入社員が知っておきたいオフィスカジュアルのマナーを紹介したいと思います。

上着のマナー

 オフィスカジュアルで着用するものとしては、まず、襟付きの服が無難となっています。きれいめのワイシャツやポロシャツなどを着て行くようにしましょう。Tシャツなどの襟がないものは、オフィスに着て行くのにふさわしく有りません。襟が付いたものを着用することを覚えておきましょう。重ね着をするときは、パーカーなどではなく、ジャケットを羽織ると、ビジネスシーンに合ったオフィスカジュアルになるのではないでしょうか。

ボトムスのマナー

 ボトムスでは、綿のパンツや、チノパンなどがオフィスカジュアルには適しています。スウェット地のものや、クロップドパンツは、ビジネスシーンに不適切であるため、避けるようにしましょう。ジーンズはオフィスによってはOKとされているところもあるようですが、原則としてオフィスカジュアルではNGとされているアイテムになるので、注意する必要があります。

身に付けるアイテムのマナー

 身に付けるアイテムですが、靴は、革靴ないしは、カジュアル過ぎない靴を選びましょう。スニーカーやサンダルは、安全面の問題もあり、また、オフィスにはふさわしくないとされる場合が多いので、控えるべきです。ベルトや腕時計に関しては、その服装に合った色合いや形のものを選ぶようにしましょう。


 ここでは、男性の新入社員が知っておきたいオフィスカジュアルのマナーを紹介しました。研修翌日から突然、オフィスカジュアルを着て来るように言われてもなかなか選ぶ基準がなく難しいと思います。ここで紹介したマナーを参考にして、マナーを守ったオフィスカジュアルで出社するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する