1. PDCAを効率よく回すためのセグメント分析とストーリー生成

PDCAを効率よく回すためのセグメント分析とストーリー生成


 ビジネスシーンのあやらゆる場面においてPDCAサイクルを効率良くまわそうとした時に、以下のような疑問が生じがちになります。

・何のためにPDCAというツールを使い、一時的な改善を習慣化するのか
・習慣化することで何が改善されるのか
・その結果、どのような成果が得られるのか
・逆に代償は何かあるのか
・その成果は代償がありながらも、最終的にはどのようなゴールへとつながるのか

 ゴール達成のストーリーが明確になって関係者間で共有されていない限り、PDCAはツールとして効率よく回ることはありません。したがって、上記の疑問には到着点を設けておく必要があります。システム化と習慣化は意志力よりも威力があり、これらを支えるPDCAサイクルの最適化を生成する強力な思考ツールを紹介させて頂きます。

自身の分析を詳細に行なう

 外部環境と内部環境の分析ツールとしては、SWOT分析を使います。非常に使いやすいツールですが、それぞれの戦略を決めるときの方法には具体性が欠けてしまいがちで非常に貧弱なツールです。戦略に落とし込む、すなわちプランを作成することを支援するツールがセグメント分析です。セグメント分析には市場のレイヤー分析とも言え、顧客レイヤーと商品レイヤーにそれぞれ関連するものから分析を始めます。

 顧客分析とは、顧客の購買行動を分析し品揃えを効率よくするためのものです。ここでは商品(サービス)セグメント分析という方法を紹介します。

 商品は、何によって構成されているでしょうか。いろんなパーツで作られていますが、それぞれのパーツを作るためには材料だけではなく人の技術が関わっています。そこには、デザイン性・機能性・ターゲット層・技術セグメント・人材育成セグメントというものがあります。

 実は、この技術セグメントとその技術を支える人材育成セグメントがその商品やサービスを支えるといっても過言ではありません。なぜなら、その技術を他の分野に転用し再統合したものがイノベーションとなっているからです。とにかく詳細な技術に分割し、その技術の応用分野がどれだけあるかを明らかにすることで技術転用が可能になります。技術の細分化によって、人材の技術力についてSWOT分析というツールが使いこなせるようになります。別の表現をすると、技術の継承や人の補完が可能になるのです。

 ある商品を作りたいときに「何の技術があればそれが可能になるのか」ということが判明してきます。そうすると「どんな人が必要なのかがわかる」というサイクルが生まれます。

達成目標とゴールはイメージで設定する

 いろんな人の意見を入れ込み将来を作り出す能力は、ブリコラージュともいわれます。昨今注目をされているファシリテーションは人の意見を引き出すことを指しますが、このブリコラージュはあまり重要視されていません。

 残念ながら、このブリコラージュがなければ、意見をまとめて誰もが望む将来をストーリ化することはできません。できれば文章よりもビジュアル化して目に見えるところに常におくことで、深層心理に働きかけ実現化させるツールとなります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する