1. マーケティングに必要な環境分析をするために役立つ3C分析の方法

マーケティングに必要な環境分析をするために役立つ3C分析の方法

by fRandi-Shooters
 マーケティングで環境分析をする際に最もよく使われるフレームワークが、3C分析です。3Cとは自社(Company)、顧客(Customer)、競合(Competitor)の頭文字である3つのCを取ったものです。このフレームワークを使うことで、漏れなくかつ分かりやすく環境分析を進めることができます。ここでは、3C分析の各項目毎に分析のポイントを紹介します。

自社(Company)の強みと弱みを意識

 マーケティング戦略とは、自社製品やサービスをどのように顧客に売り込んでいくかの戦略を立てることです。そのためにはまず、自社製品やサービスについて分析することが重要です。この分析を行う際には自社製品やサービスの強み(Strength)と弱み(Weakness)を意識して分析しましょう。

 例えばSWOT分析といった、自社製品やサービスを強み・弱み・機会(Opportunity)・脅威(Threat)のフレームワークで分析すると、網羅的に自社製品やサービスに関する分析ができます。また、マーケティングの4P(製品・価格・流通・広告宣伝)といった視点で分析することによっても、自社の製品やサービスについて分析できます。

顧客(Customer)は関係を意識

 顧客(Customer)に関する分析で重要な点は、顧客との関係を意識することです。なぜなら顧客との関係の違いによって、マーケティング戦略が変わってくるからです。顧客の方が力が強い業界において、顧客が簡単に他社製品に乗り換えられる製品やサービスでは価格競争に陥りやすいために、顧客獲得費用をかけるマーケティング戦略は得策ではありません。

 一方、MNP導入前の携帯電話キャリアなど顧客が他社に乗り換えづらい製品やサービスでは、新規顧客獲得に費用をかけても顧客を取るマーケティング戦略が有効になります。そのために、顧客との関係は環境分析では重要だと言えます。

競合(Competitor)は数と順位を意識

 競合(Competitor)に関する環境分析で重要なのは、競合の数と順位です。すなわち、寡占化が進んでいる業界なのか小規模な競合がたくさんいる業界なのかという点に注目する必要があります。シェアトップなのか中位に位置して競合と競り合っているのか、ニッチプレイヤーとして直接の競合を避けているのかといった、これらの相対的な位置の違いによって顧客の項と同じくマーケティング戦略が違ってきます。

 また、顧客や競合について対象となる市場が日本国内だけなのか、それとも海外市場を含めるのか、既存顧客・既存の競合のみとするのか、潜在も含めるのかによっても大きく違ってきます。

 対象とする範囲も意識し、環境分析を始める前に必ず定義しましょう。これらを意識して環境分析を行えば、網羅的な分析が出来ると思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する