1. 転職の面接を辞退したいときに意識しておくべきこと

転職の面接を辞退したいときに意識しておくべきこと

by Luz Adriana Villa A.
 転職は、自分のこれからの生活や自己実現を決める、ひとつの大切な節目です。しかし、そこで起こりうる問題点として、急遽面接を辞退する必要が出てくるということがあります。そういったときにどのような対応が求められるのでしょうか。

迅速に連絡をする

 面接の日程が2つ以上かぶってしまうこともあると思います。そういったときは、仕方がないのでどちらか一方を選んで辞退しましょう。そのときに、相手に失礼のないように迅速に連絡することが基本的なマナーです。もし、どうしても辞退したくない場合は時間をかぶらないように変更してもらえるか交渉してみるのもありです。

理由を明確にしておく

 相手先にとって、辞退の理由は大して問題ではないかもしれませんが、マナーとして理由は話せるようにしておきましょう。その際に、他の会社と日程がかぶってしまったと言うのは失礼に値するので、やむを得ない理由を考えておく必要があります。

 前提として、なるべく辞退する必要が生まれないようにすることが重要です。安直な考えで数多くの企業を受けることは転職ではあまり好ましくないのでそれは覚えておいてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する