1. 売れる仕組みにあるマーケティングに欠かせない4つのポイント

売れる仕組みにあるマーケティングに欠かせない4つのポイント

by yoco**
 マーケティングの売れる仕組みは実はシンプルなものです。それは、付加価値を提供し金銭をもらうということです。その目的を達成するために多くの人が頭をひねっていますが、重要なのは4つのポイントです。

ポイント1. ベネフィット

 マーケティングでまず考えるべきはベネフィット(利益)です。お客様が本来求めているのは結果です。例えばマッサージ器を買うのは体を気持ちよくするのが目的で、マッサージ機そのものが目的ではありません。あくまでその商品の付加価値を求めているのだということを忘れないでください。

ポイント2. 差別化

 マーケティングの2つ目のポイントは差別化です。他社の商品でなく、自社の商品を買いたいとお客様に思わせることです。同じベネフィットを提供するサービスでも、他社にはない強みを伝えなければなりません。

 同じ値段でもアフターサービスが充実すれば、顧客は自然と自社の製品を購入する事になります。しっかりとした差別化を図ることでお客様はあなたの会社の商品を買いたいと思ってくれるのです。

ポイント3. ターゲティング

 3つ目のポイントはターゲティングです。どんな人に向けて商品を売りたいのかを明確にしなければ、なかなかお客様は商品に手を伸ばしてくれません。なんとなくたくさんの人が欲しそうなものではなく、大勢でなくとも確実に欲しがる人がいる商品を作る必要があるのです。

ポイント4. 4P

 マーケティングの4つ目のポイントは4Pです。4PとはProduct、Price、Promotion、Placementのことで、この4点で強みを持つことが売れる商品の条件だと言われています。今までの3つのポイントを考慮して、どんなProduct(商品)、Price(プライス)、Promotion(宣伝)、Placement(流通経路)がいいのかを検討してください。

 ポイント1から順番に、自分のサービスはこの要件をすべて満たしているのかを考え直してみてください。売れる仕組みは偶然出来上がるわけではありません。現状を綿密に分析し、その中で多くの要素を満たしたサービスがヒットを生み出すのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する