1. 企業が経営情報を公開する効果と必要性

企業が経営情報を公開する効果と必要性

by kevin dooley
 会社を経営するなら自社にかかわる色々なデータを開示していくことも求められます。経営情報もその一つです。しかし、経営情報の公開がなぜ必要なのかあまりわかっていない人もいるのではないでしょうか。ここでは経営情報を公開する効果と必要性を紹介します。

経営情報は会社の体調のパロメーター

 経営情報は会社の体調を示すものだと言えます。会社がどのような資金で成り立っているのか、どのようなことをしていてその結果はどうだったのかなど、今の会社の状態を表したものなのです。株主や投資家、取引相手や就職希望者も経営情報から会社の状況を判断してあなたの会社にコミットするかを決めます。あなたの会社を正しく理解してくれる人と手を組むためには、相手の信頼を得るために経営情報を公開する必要があるのです。

従業員のモチベーションアップにもつながる

 また、経営情報を公開することは従業員のモチベーションを上げることにも役立ちます。単純な作業を行うことが多い従業員は、自分の仕事が会社の利益にどのように貢献しているか分かりません。そこで、経営情報を公開することで自分の仕事のおかげでどのような利益が生まれたのかが把握でき、モチベーションを維持することにつながるのです。

 やる気がある社員なら、公開されている経営情報から自社の問題点を洗い出し、業務の改善策を考えてくれるかもしれません。組織の外部だけでなく、内部の人間にとっても経営情報は大切な指標の一つなのです。


 このような効果がある経営情報ですが、公開を渋っていると何か会社の経営に後ろ暗いことがあるのではないかと思われてしまいます。もちろん不用意に公開しすぎるのもよくないのですが、経営情報の公開は確かな信頼を確保することにつながるので、どのようなことを書けばいいのかしっかり勉強して他社に遜色のない経営情報を公開しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する