1. Webマーケティングの仕事を行う上で取得しておきたい3つ資格

Webマーケティングの仕事を行う上で取得しておきたい3つ資格

by Kaplan International English
 今やインターネットは無くてはならない時代となりました。インターネットを利用したサービスを行う会社、また一般企業であっても、ネットを活用していかなければ近い将来、淘汰されてしまうでしょう。

 そんな中、効果的にネットを活用したい会社では、Webマーケティング部門に専門社員をおいたり、外部から派遣してもらったりと、Webに詳しい人の就職の場も広がっていて、資格社会の日本においては今、最も注目を集める分野の一つとも言えます。では、Webマーケティングの仕事を行う時に、取得しておきたい資格にはどの様なものがあるのでしょうか。

1. ウェブ解析士

 Webマーケティングに必要なスキルとしてのアクセス解析能力、KPIを観測するするための設定、及び業務内容に応じた分析を行い、より効果的な計画を立案し、当然そのプロジェクトを完遂させる為の知識とスキルを持ち合わせる事の出来る能力を認定するための資格です。一般社団法人ウェブ解析士協会によって、研修や試験等が実施されています。この資格を取得さえすれば、すぐにでも実務につく事が出来る様に育成する事を目的としており、Webマーケティングの世界においては、一番メジャーな資格なのではないでしょうか。

2. ネットマーケティング検定

 株式会社「サーティファイ」が運営している、Webサイトを経営戦略と連動させた効果的且つ魅力的な役割を持たせる事が出来る知識を認定するための資格です。今までは、紙媒体でのマーケティング・企画立案だったものをウェブ上で行う為の必要な知識を兼ね備える事が目的になっています。比較的新しく出来た資格ではありますが、専門的にウェブの仕事を行うのであれば、取得しておきたい資格の一つです。

3. ネットショップ実務士

 「ネットショップ実務士」はEC向けのネット資格。一般社団法人ネットショップ能力認定機構が運営しています。消費者向けのネットショップを運営する会社に、そこで働く事を目標にしている人が勤めるにあたり、ネットショップで働けるだけのスキルを身につけているかどうかを認定する資格です。


 以上、Webマーケティングの仕事を行う上で取得しておきたい資格を紹介してきました。資格名を見ただけで「難しそう…」と億劫になってしまいがちですが、しっかり勉強すれば取得できる資格ですので、興味ある人は勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する