1. 面接で良い結果が届くのは平均でどのくらい?

面接で良い結果が届くのは平均でどのくらい?

by Jonathan Kos-Read
 面接を受けてからの合否を待つ時間はとても長く感じられるものです。しかし、採用の人と不採用の人では連絡までの期間に差はないのでしょうか?面接のいい結果がでるまでに平均的にどれくらいの日数がかかるのかを紹介します。

事前のアナウンスがなければ確認するのもアリ

 就活中の学生でもハローワークに通う求職中の人でも、面接や選考にかかる日数の目安は事前の求人案件の詳細を記した書類に記載されています。たとえば書類選考後1週間以内とか、面接後10日前後などです。当然、企業や会社としても慎重に人材を選抜したいので合否にかかわる選考の時間というものはほしいものです。

 雇用の形態、会社の規模によってもさまざまでしょうから、事前に確認しておくことが大切です。気になる場合は面接の最後に聞いてもよいでしょう。

合格なら予定より早いことも

 多くの場合、面接を受けたあとに良い結果がでるまでの時間は予め告げられた連絡期間より早くなります。人事によっては、良い人材がいれば一刻も早く合格の通知を出して人材を確保したいと考えるからです。逆に縁がなかったと会社から判断されてしまった場合は、合否を伝えることをあえて企業側が急ぐ必要はありません。なので通知されたころに連絡が入ったり、場合によっては遅れて不採用通知が届くという場合もあります。


 結果が出るまでは他のことに手が付かなくなることもありますが、面接は終わっているのですからもうあなたにできることは何もありません。なので失敗するかもという心構えが大切になります。これくらいの期日までに来なければ脈なしだろうという風に自ら見当をつけて次に備えるという姿勢が必要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する