1. 中小企業がマーケティングをする時に直面する課題

中小企業がマーケティングをする時に直面する課題

by Ian Sane
 事業を展開していくためにはマーケティングは必須です。しかし、そんな中で中小企業はマーケティングを行うのが難しい環境にあります。なぜ中小企業がマーケティングを行なうことが難しいのでしょうか。今回は、中小企業がマーケティングを行う上で抱えがちな課題について紹介します。

リソース不足

 中小企業は基本的に人や金などのリソースが大企業に比べると不足しています。それらが不足していると、調査にかかる資金や人材の不足で十分なマーケティングを行うことが難しくなります。そのため、十分な調査ができず顧客が真に求めている商品やサービスの提供ができなくなるのです。

 中小企業は、そもそもマーケティング能力自体が大企業に比べると乏しいというのも問題です。少ないリソースの中で、有効にマーケティングをするにはどうすればいいか常に試行錯誤しなければいけません。

マーケティング結果を生かしにくい環境

 次に、中小企業がマーケティング活動を行う上で抱えがちな課題はマーケティングを行なってもその調査で得た情報をうまく生かせないという点です。中小企業には基本的に大企業に比べると、経営資金が不足しがちです。仮にマーケティングで良いデータがとれたとしても、その通りに商品開発を行うように生産ラインを変更したりサービスを提供することが難しいのです。

 そうなると、せっかくマーケティングをしたにも関わらず、それをうまく生かせずマーケティングにかけた費用自体を無駄にしてしまうことになります。マーケティングを行うことができても、経営体力や商品の提供能力によって、マーケティングが生きないのです。そうならないためには、マーケティングを行う前に自社にはどのような強みがあってそれをどの程度変更可能なのかをあらかじめ理解しておく必要があります。

 以上のように、人材や資金やスキルの面で大企業にかなわないというのが、中小企業がマーケティングをする上での最大の弱みです。しかし、近年ではSNSなどのように資金をかけ無くても魅力的なアイディアがあれば十分に効果が出せるマーケティング手法もあります。正攻法が難しいのなら、他社にはできない自社だけのマーケティング法を探すのも一つの手です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する