1. 【例文】英語でゴールデンウィークの休暇案内メールを出すときに注意すべきポイント

【例文】英語でゴールデンウィークの休暇案内メールを出すときに注意すべきポイント

【例文】英語でゴールデンウィークの休暇案内メールを出すときに注意すべきポイント 1番目の画像

 ゴールデンウィークは日本特有の休暇だ。「日本が休暇だから外国も休みだろう」と考えるのは思慮不足である。

 情報の行き違いによるトラブルを避けるためにも、あらかじめ海外の取引先に休暇を知らせよう。

 本記事では、ゴールデンウィークの休暇を取引先に知らせるビジネスメールの書き方について紹介しよう。

ゴールデンウィークの休暇を知らせる英語メールの書き方

 相手は海外の人なので、ゴールデンウィーク休暇の対処はしっかりとしたいところ。

 以下に説明するポイントを押さえよう。

【ゴールデンウィークの休暇を知らせるコツ①】常に連絡は取れる状態に

 休暇中とはいえ、連絡は取れるように心がけてほしい。

 休暇中は連絡が取りにくいが、今は電子メールやスカイプなどで外国と瞬時にやり取りできる時代だ。

 海外にある取引先において緊急事態が発生した場合、国内の取引よりも解決するのに時間がかかってしまう可能性があるため、迅速な対応が求められる。

 事前に事態を把握していれば、休み明けに瞬時の対応ができるので、休暇中であっても連絡は取れるようにしたい。

【ゴールデンウィークの休暇を知らせるコツ②】英語メールの内容は明確に

 英語のビジネスメールでは、「簡潔さ」が求められる。

 取引先に長期のゴールデンウィーク休暇について伝える内容は、以下の3つだ。

ゴールデンウィーク休暇を知らせる英語メールの内容

  • 休暇の期間
  • いつから再開する予定か
  • 休みの間の連絡先

【ゴールデンウィークの休暇を知らせるコツ③】早めに英語メールを送る

 ゴールデンウィークの休暇案内は、“少し早すぎるくらい”に連絡しておくことをおすすめする。

 ゴールデンウィークの2、3週間前に報告すると、取引に支障が出る可能性もあるためだ。

 日本の企業と初めて取引する海外企業は、日本企業の休暇について把握していない場合が多いので注意しよう。

 国をまたいでのビジネスは時間を要するので、数ヶ月前にはメールで知らせしたい。

【例文】ゴールデンウィークの休暇を知らせる英語メール

 英語でゴールデンウィークの休業案内メールの書くとなると、戸惑ってしまう人もいるのではないだろうか。

 以下に休業案内メールの例を紹介するので、参考にしてみてほしい。

【例文】ゴールデンウィークの休暇を知らせる英語メール

  • Dear Mr White

    Good morning,

    I'm writing to inform you that our office will be closed for Japanese holiday, from April 30th through May 6th.
    We will be back to work starting May 7th.

    If you have any question during this closure period, please contact me.
    My number is 080-xxxx-yyyy.

    Thank you,

    Best regards
    Kanako Yamamoto


 本記事ではゴールデンウィークの休暇を知らせる英語メールの書き方について、例と一緒に紹介してきた。

 海外とのやり取りはトラブルも多いため、相手に早めに伝えるようにしよう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する