1. 転職までの期間が短いと発生しやすい3つのアクシデント

転職までの期間が短いと発生しやすい3つのアクシデント

by Kaplan International English
 転職をする事は、自分の人生にとっても大きな分かれ道になります。そのため、慎重に考える人が多い事でしょう。

 今の仕事を続けながら転職活動をするのですから、今の仕事が疎かにならない様にしなければなりませんが、実際に転職が決まり、その転職までの期間が短い場合には色々なアクシデントが発生してしまう事も事実です。では、どの様なアクシデントが発生してしまうのでしょうか。

1. 十分な引き継ぎが行えない

 転職するために退職するためには、後任者への引き継ぎ処理が必要になります。これは、誰かが辞めてしまった後でも円滑に業務を進めていく上では、必ず必要なことです。引き継ぎ書類とは、単に自分が担当していた仕事を羅列するだけのものではありません。クライアント先が居るのであれば、そのクライアント先との関係性まで記録しておく必要があります。

 ですから、引き継ぎ書の作成には相応の時間を要するのです。転職するまでの期間が短い場合には、この引き継ぎ書類がしっかりと作成できないというアクシデントが起こってしまいがちです。

2. クライアント先の準備が間に合わない

 クライアント先が存在する仕事内容の場合には、自分が辞めるという事はクライアント先にも伝える事が必要です。この場合、クライアント先の方針などによって、取引先の担当者が代わる場合には何かしら準備が必要な時もあるでしょう。

 これは、自分の会社とは違いがあるかもしれないので、クライアント先に直接確認しておくべきです。もしも、ここで何か対応しなければならない事があった場合、準備の期間が短いと対応できなくなってしまうので、注意しておくべきでしょう。

3.  後任者が不在

 自分が退職する事によって、今の社員に仕事がきちんと引き継がれるのなら良いのですが、場合によっては後任者として新たに人材を雇わなければならないかもしれません。当然ながら、転職までの期間が短ければ、この後任者が間に合わない、というアクシデントも発生します。

 この場合会社側から、退職する日付を遅らせないかという相談をされるかもしれませんが、法律上では、退職届を提出したら労働者側の意志が優先されます。しかし、自分が勤めていた会社が困らないよう、十分な準備期間をもって退職を申し出るのが最低限のマナーと言えるでしょう。


 以上、転職までの期間が短いことで生じるアクシデントを紹介してきました。「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがありますが、勤めていた企業になるべく迷惑がかからないように退職するのがビジネスマンとしてのマナーと言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する