1. 飲食店が事業展開していく上で取るべきマーケティングの手法

飲食店が事業展開していく上で取るべきマーケティングの手法

by PhoTones_TAKUMA
 将来的に、サラリーマンを辞めて飲食店を経営したいという人は意外と多いのではないでしょうか。今回はそんな人のために、飲食店におけるマーケティングの手法を紹介していこうと思います。

生き残る飲食店の特徴

 立地などの条件ももちろん大事ですが、たとえ良い立地の飲食店であったとしても数年すると潰れているという例は珍しくはありません。

 そこで生き残る飲食店に共通する特徴は、客層を絞ってターゲットをはっきりさせているという点です。客層を絞ることによって、決まったターゲットに需要のある点に大きく出力できるので、料理やサービスの質を向上させやすく、効率的に経営することが可能になるのです。

飲食店のマーケティング手法について

 ターゲットが決まればいよいよマーケティングを行います。飲食店のマーケティングにはベースマーケティングとソフトマーケティングという2つの手法があります。ベースマーケティングとは、立地の選択やターゲットとなる顧客層の選定などがあります。ソフトマーケティングは、店内の外装や内装、料理やサービス、空間演出など、店内の雰囲気や要素のことを言います。

 お店を出すには、まずコンセプトを決めましょう。コンセプトは、顧客層に適したものを選定する必要があります。次に顧客が何を求めているのかを考えます。例えば、仕事の昼休みに軽く食事をとりたい、商談を行える場所にしたいなどです。商談の為の食事の場と考えるのであれば、商談の邪魔にならないような閑静な空間作りを目指すなどの方向性が見えてきます。

 このように、少しずつ絞っていけば大当たりするかどうかは別として一定の利益を得ることはそう難しくないはずです。以上のことを意識して、飲食店経営という将来設計を考えてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する