1. 転職者が習得しておくと転職に有利になる英語のスキル

転職者が習得しておくと転職に有利になる英語のスキル

by Jonathan Kos-Read
 英語のスキルは、ビジネスシーンで大きな影響力を持っています。ここでは、転職者にとってどの程度の英語力を持っていれば有利になるのかを、2つの資格と照らし合わせて見ていきたいと思います。

実用英語技能検定

 実用英語技能検定(英検)の場合では、準1級以上の試験に合格することが転職に有利になると言われています。英検を開催している日本英語検定協会では、準1級のスキルレベルととして、「社会生活で求められる英語を十分理解し、また使用することができる。」と説明しています。

 これを取得すれば、社会性の高い幅広い話題に関して十分な読む・聞く・話す・書くの4つのスキルが備わっているということになります。英検は色んな場面で重宝される資格なので転職でも大きく有利になるでしょう。

TOEIC

 TOEICを開催している国際ビジネスコミュニケーション協会では、企業の海外部門で海外赴任が可能なTOEICスコアとして635点から800点としています。また、700点から795点のスキルレベルとして、「会議の案内等の社内文書・通達を、読んで理解できる。自分の仕事に関連した日常業務のやりかたについての説明を理解できる。」としていることから、転職を有利にするためには少なくとも700点以上のスコアが欲しいところです。

 他にも英語に関する資格はありますが、転職先にも理解されやすく、アピールしやすいのはこの2つの資格を取得することだと思います。英語に自信があり、それを転職で生かしたいという人にはおすすめなので、ぜひ挑戦してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する