1. 経営における「マーケティング」と「イノベーション」の持つ意味と関係性

経営における「マーケティング」と「イノベーション」の持つ意味と関係性

by geezaweezer
 ビジネスにおいて重要と考えられている2つの要素が、マーケティングとイノベーションです。マーケティングとイノベーションの2つを用いることによって、企業は市場を正しく分析することが可能になり、顧客を生み出す創造が可能になります。では、具体的にはマーケティングとイノベーションとはいったいどのようなものなのでしょうか。今回は、マーケティングとイノベーションの関係性について解説します。

現在の分析を行うマーケティング

 マーケティングとは「顧客が何を望むのか」を分析することです。現在の市場動向や消費者の購買成功など、すでに事実として表れているデータを分析することで消費者の根本的な欲求を企業が正しく理解し、その願望を充足させるような商品やサービスを提供することで企業の成長を目指します。

 マーケティングで行われるのはデータに基づく消費者分析のみであり、その目的は消費者ニーズを的確に掴むことです。そのため時の流れによって結果が変化することも多く、常に最新のデータを収集してマーケティングを行う必要があります。

未来を提案するイノベーション

 イノベーションとは「今までにはなかったものを提供する」活動のことです。マーケティングではデータを分析することで消費者が抱える潜在的な欲求を掴むことを目的としていましたが、イノベーションでは欲求そのものを新しく作り出すことを目的としています。

 例えば、電話機の発明は「遠く離れた人と話をする」という新たな欲求を生み出しました。遠く離れた人と話がしたいという欲求は、マーケティングでは生みだせない欲求と言えるでしょう。なぜなら電話機の発明以前は、遠く離れた人と話酢などというのは夢物語であり、それまでの人々の心には思いもよらない欲求だったからです。イノベーションでは技術の進歩や新たな発見を通じてそれまでにはなかった新たな欲求を作り出し、それを満たすような製品を作る事で企業の利益が生まれます。

マーケティングとイノベーションは車の両輪

 企業活動においてマーケティングとイノベーションはどちらも等しく重要な意味を持ちます。マーケティングとイノベーション歯手段の違いはあれど、その目的は同じです。マーケティングとイノベーションが目指す目的とは「顧客の創造」です。全ての企業活動は、顧客の存在なしには成立しません。

 マーケティングで消費者の潜在的な欲求をすくい上げればそこに顧客が生まれますし、イノベーションで新たな価値を提案できればそこに市場が生まれます。どちらにも共通しているのは、企業は消費者の幸福を増大させることで利益を上げる、ということです。


 マーケティングとイノベーションの重要性は浸透していますが、その本質的な意味を理解し正しく実践しているのはほんの一握りに過ぎません。マーケティングとイノベーションは単なる市場分析や技術開発のことではなく、人々の幸福を経済活動を通じて増大させる行為に他なりません。単なる利潤の追求ではなく、企業の社会的意義を見出すことが企業の安定的発展のカギとなります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する