1. 5月病にならずに仕事のモチベーションを維持する方法

5月病にならずに仕事のモチベーションを維持する方法

by josemanuelerre
 春の訪れから気候も暖かくなり、新年度の始まりから少し経つ頃に訪れるのが、5月病です。新生活が始まり、モチベーションが下がる状態が続くという状態のことを言います。

 そもそもモチベーションとは、意志の力だけで解決させることはやはり難しいものです。そこで必要になるのは、そもそも5月病にならないように気をつけることです。では実際、どのような方法でそれが実現できるのでしょうか。

5月病の原因のひとつは「慣れ」

 5月病は、張り詰めていた気持ちに余裕が出てくることによりなってしまうとも考えられます。時間が経つに連れ、モチベーションを維持する要素が無くなってくることに原因があるかもしれません。そのひとつが「慣れ」です。仕事を流れ作業のようにこなすようになってしまってはいけません。常に何かを考えながら取り組むことを意識してください。

仕事の改善を意識する

 仕事に慣れてきたと思ったなら、それをいかに効率よくするのか、どうのように質を上げるのかを常に考え続けることが必要です。ゴールを身近なところに置かないようにしましょう。

 これで良しと思った時点で、慣れの状態になってしまいます。限界を作ることなくストイックすぎるくらいの方が、五月病にかかりやすい時期にはちょうど良いでしょう。現状に満足せず常に改善をし続けていくようにしましょう。

課題や問題点を作っておく

 解決すべき課題や問題点を常に探しておくことも大切です。とにかく、暇と思うような時間を作らないことを心掛けてください。

 そして、課題を見つけ出すということを日頃から癖にしておけば仕事のクオリティを上げることにも繋がっていきます。5月病を回避するとともに、自らの能力を高めることにもなるので、時間を持て余さない仕事の仕方を模索してみましょう。

 ここまで上げてきた方法を実践すれば、多くの人が陥ってしまいがちな5月病を回避できる可能性が高まります。是非、以上のことを意識して仕事に取り組んでみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する