1. 企業がFacebookで出す広告を管理する方法

企業がFacebookで出す広告を管理する方法

by 'Ajnagraphy'
 Facebook広告を出稿、配信したままの状態になっているということはないでしょうか?企業がFacebook広告を利用するにあたり、その管理が必要となります。それにより、運用方針等の検討、現状を把握をすることができます。Facebook広告では、内容や対象とするターゲット、広告にかける費用など自分自身で自由に設定出来る事が大きなメリットでありますが、全てにおいてそれを放置してしまっては、その十分な効果は期待できません。現状で設定している項目とその効果や結果を比較し、常にその状況を把握し、管理や設定を行う事が大切です。

Facebook内の管理ツール「広告マネージャー」を利用する

 Facebook内には、広告を管理する為の管理ツールである「広告マネージャー」というツールがあります。この広告マネージャーの中では、様々な情報が分析、解析が行われており、リーチ(広告キャンペーンを見たユーザー数)、ターゲット(設定したターゲットがリーチ出来ると予想されるおおよその人数)や、レスポンス(キャンペーンの広告を閲覧後24時間以内、もしくは、クリックしてから28日以内のクリックまたはアクション数の推移)などがグラフ化されています。また、広告マネージャーでは「レポート作成」の機能があり、広告の成果、反応したユーザーの人口統計データ、時間帯別のアクションなど、それぞれについてレポートを作成出来ます。この他、様々なデータが表れており、そのデータをもとに現状の把握や現在の設定の見直しなど、広告の効果を知る事が可能になります。こうしたことから、Facebook広告の日々のデータを広告マネージャーを利用する事により、広告の最適化を図る事が重要となります。

Facebook広告の最適化を図る

 広告マネージャーのレポート作成で、「回答者の人口統計データ」を取得することで、現状設定しているターゲットの設定が適切であるかどうかを判断します。レポートで、ターゲット数に対し十分なリーチが獲得出来ているようであれば、その設定はマッチしていると言えますがそうでない場合であれば、そのレポートのデータにより設定を変更する事で的確なターゲットを絞る事が出来ます。こうしたレポート作成機能を利用し様々なデータを取得し、広告の入札金額や、クリック率などの設定が適切であるかを日々管理する事が広告の最適化を図る為に必要となります。


 以上が、企業がFacebookで出す広告を管理する方法です。しっかり管理し、Facebook広告の効果を十分に発揮させましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する