1. 【基本的なビジネスマナー】名刺交換をする時に一緒に言うべき言葉

【基本的なビジネスマナー】名刺交換をする時に一緒に言うべき言葉

by Kaplan International English
 初めて名刺交換をする時は、すごく緊張されるのではないかと思います。名刺交換をする度にだんだん慣れてきますが、初めのうちは基本を頭に叩き込んでおくべきでしょう。新入社員研修などで、名刺交換のロールプレイをされる会社もあると思いますが、もう一度名刺交換をする時に一緒に言うべき言葉とマナーについて解説していきます。

名刺交換は誰から?

 名刺交換をする時は、目下の方が先に目上の方に名刺を渡します。会社を訪問した際は、訪問した側から名刺を渡すのがマナー。会社の場合は、取引先の方が多いでしょう。自分がお金を支払う場合の会社側にいたら先、お金をもうら側だったら後などと言われる事もあります。部長や課長と一緒に、相手先に訪問した場合の名刺を相手に渡す順番は、部長が先となりますので、気を付けましょう。

名刺交換のポイントは3つ

 名刺交換をする先に気をつけたい事は、1つ目にきれいな名刺を相手に渡しします。折れ目が付いたり、汚れたりしている名刺は相手に失礼にあたりますので、渡してはいけません。

 2つ目に、相手から名刺を差し出されてたら、それより少し低い位置で両手で「頂戴いたします」と言って受け取りましょう。低い位置で受け取るのは、謙虚な態度を示す為です。3つ目は、きちんと名刺の管理をする事です。後でどこにいったから分からないなど名刺の紛失は、ビジネスマンとして失格。名刺の管理方法は、アナログからデジタルまで何通りかあると思うので、自分に合った方法で保管をして下さい。

名刺交換のときにいう言葉

 名刺交換に慣れない間は、自分の名刺を相手に差し出す時が、一番緊張する瞬間でしょう。自分の名刺を相手に渡す時は「会社名、部署名、自分の名前(フルネーム)」を言ってから、必ず「よろしくお願いいたします」や「この度は、どうぞよろしくお願いします」などと挨拶の言葉を添えます。名刺交換で好印象が持たれるように、謙虚な態度で望みましょう。


 名刺交換がスムーズに出来たら、やっとビジネスマンとして立ち上がった状態。名刺交換のときに一緒に言うべき言葉をまとめると、自らの名前を名乗って、簡単な挨拶を相手に言う事です。名刺を頂く時は、両手で受け取って「頂戴いたします」と言います。これが名刺交換の基本。しかし、これはあくまで基本なので、上司や先輩の名刺交換の様子から学ぶ事も必要です。臨機応変に挨拶の言葉を交わせるようになったら、一人前といえるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する