1. 企業のマネージャー職の人が果たすべき役割

企業のマネージャー職の人が果たすべき役割

by tec_estromberg
 企業のマネージャー職のミッションは、会社のビジョン・目標を達成する為に、管理下にある組織を効率的且つ効果的に運営して会社に利益をもたらすことです。ここでは、マネージャーの方にはどんな役割が求められているのかを紹介していきたいと思います。

1. リーダーシップを発揮すること

 マネージャーに求められている役割の1つとして、リーダーシップを発揮するというものがあります。リーダーシップというのは、ビジョンや方向性を明示することに加えて、実際に自分が先頭に立ってそれを実践することです。新たな事業や組織が構築されたばかりのスタートラインでは、ビジョンや方向性が適切なものかどうかを把握する意味でも、マネージャー自ら実践し、リーダーシップを発揮することは必須と言えるでしょう。 

2. 部下のマネジメントをすること

 部下たちが、出来上がったレールを踏み外すことなく、積極的に効率的に業務を行うことができているかどうかをチェックし、組織としてマネジメントすることもマネージャーの役割と言えます。部下のモチベーションのコントロールだけではなく、仕事のアドバイスや、組織としての目標やゴール作りをすることで、部下の業務をサポートしていきましょう。


 以上が、企業のマネージャー職の人が果たすべき役割です。マネージャーは自分で業務を行いながら、リーダシップを発揮し、マネジメントを行う必要があります。マネージャーの方はしっかりと役割を理解し、業務に臨みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する