1. 【あなたはちゃんと出来てる?】名刺を複数枚持つ時の「持ち方」として意識しておくべきこと

【あなたはちゃんと出来てる?】名刺を複数枚持つ時の「持ち方」として意識しておくべきこと

by Kaplan International English
 名刺交換は、基本で初歩的なビジネスマナーと言われます。しかし、例えば複数の人と名刺交換を行った場合、よくわからなくなるのが、名刺交換を複数枚持つことになった時の持ち方です。この場合、どうすればスマートに見えるでしょうか、そしてどうすれば相手に失礼に当たらないでしょうか。

1. 名刺を渡す前にすること

 複数との名刺交換は、特に相手に経営層などの高役職者がいるなどの場合、慣れていなければ緊張して手間取るものです。そこに自分の名刺を差し出し、相手の名刺を受取り、すぐにまた次の人に自分の名刺を取り出して渡す、という動作を繰り返すのはなかなか難しいものです。

 名刺交換のタイミングになったら、まずは後で困らないように人数分(人数が多い場合や数える暇がなければ多めに)の名刺を名刺入れの下で自分の名前を相手向きにして指で挟み、取り出しやすいようにしておきましょう。

2. 受け取った名刺は名刺入れとカバーの間に重ねていく

 そして本題の受け取った名刺の持ち方です。名刺入れの下から自分の名刺を取って渡し、先方の名刺を受け取った後は、その名刺を名刺入れとカバーの間に挟むようにして入れましょう。そうすれば手の中が名刺で溢れることはありません。

 また、自分が渡す名刺はすでに名刺入れの下でスタンバイしているわけですから、次に渡す時も名刺入れを開けて取り出す必要がないので、混乱することもありません。そしてその次に受け取った名刺をその名刺の下に入れる、ということを繰り返しましょう。この時、焦らずに今受け取った名刺をその前に受け取った名刺の下に入れていくというのがポイントです。

 そうすると名刺は受け取った順に上から並んでいくことになるでしょう。通常、複数との名刺交換は役職の上の方から行います。よって、最終的に一番役職の上の方が最も上に来るようになっていると失礼にも当たりませんし、例えばその後机に並べる時も順番を変える必要がなく、便利です。

 しかし、どうしても慌ててしまうと思った場合は、上に重ねてもいいでしょう。受け取った名刺をばらまいてしまうなどの不安があれば、下に挟み込むよりも先に受け取った名刺の上に重ねたほうが楽で、ばらまいてしまうリスクもないからです。そしてタイミングを見計らって上下をひっくり返し、元に戻しましょう。


 忘れてはいけないのは、複数と名刺交換する際は、自分だけではなく、その場にいる全員が受け取った名刺を何とかする必要があるということ。要するに、1対1よりも、その場にいる全員の意識が自分のことに行っているということです。あなただけが名刺の取り扱いを見られているわけではありません。慌てそうな場合は、自分だけが見られているのではないという意識を持って、冷静に、丁寧に名刺交換を行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する