1. 【3つの事例を紹介】日本企業における代表的な「昇進制度」の特徴

【3つの事例を紹介】日本企業における代表的な「昇進制度」の特徴

【3つの事例を紹介】日本企業における代表的な「昇進制度」の特徴 1番目の画像

 昇進制度にさまざまな種類があることをご存じだろうか?

 「昇進」と一括りに考えると、昇進制度の種類にまで目を向けることはないかもしれない。

 そこで今回は、年功序列制をはじめとする代表的な3つの昇進制度を紹介していきたい。

 取り上げた3つの昇進制度が、今後のキャリアプランを考える一助になれば幸いだ。

代表的な昇進制度の例①:年功序列制

【年功序列制】長期勤務したい人向けの昇進制度

 年功序列制は、日本企業におけるもっとも代表的な昇進制度だ。

 以前は日本企業に多かった年功序列制の一番の特徴は、昇進に関する評価基準が勤続年数にあること。

 個々人の能力の優劣よりも、何年間勤務しているのかということが昇進に大きく影響する

 1つの企業に長年勤めることを前提とした終身雇用制と非常に相性のいい昇進制度といえる。

【年功序列制】メリット:「社員の長期雇用」が可能なこと

 年功序列制のメリットは勤続年数が昇進に大きく影響するため、中途退社や転職が少なく、社員を長期的に雇用できる点にある。

 長期的計画での人材育成が実行可能になり、戦力獲得のための人材争奪戦をおこなわずに済むのだ。

 それゆえに、右肩上がりの経済情勢に適した昇進制度といえる。

 しかしながら近年では、年功序列制を設けている企業でも“離職率の高さ”に頭を悩ませているところもあるようだ。

 「人材争奪戦」を行わなくてもいい、と必ずしも言い切れないのが現状である。

【年功序列制】デメリット:「個人の能力」が評価されにくいこと

 年功序列制のデメリットは、個人の能力の優劣が評価にあまり影響しないため、優秀な人材を活かしにくい点だ。

 年功序列制の下では、仕事が早くて能力のある新入社員よりも凡庸なベテラン社員が優遇されるため、優秀な人間ほどモチベーションが下がりやすくなる傾向がある。

 つまり、せっかく優秀な人材を獲得しても、年功序列制度が原因で他の企業に転職してしまう可能性が高くなってしまうのだ。

昇進制度の例①「年功序列制」のまとめ

  • メリット:長期雇用が前提。安定して働くことができる
  • デメリット:個人の能力が評価されにくい

代表的な昇進制度の例②:職能資格制

【職能資格制】個人の能力を評価されたい人向けの昇進制度

 職能資格制は、労働者の職務能力によって職位や賃金の決定がなされる昇進制度だ。

 ここでいう職務能力とは、すべての業務をこなす能力」のこと。特定分野の仕事をこなす能力ではない。

 「業務上での能力」のみを評価される昇進制度は、職務等級制度といわれている。

職務等級制度とは?

  • 細かく分割した業務を遂行する能力で評価する。アメリカで一般的な昇進制度のこと

【職務資格制度】メリット:「総合的な能力」で評価されること

 職能資格制度は、勤続年数が長い社員ほど、勤務企業にフィットした職務能力が高いとする昇進制度であるため、“終身雇用”を前提として発達した制度だ。

 社内でのコミュニケーションなど、勤務態度が評価に含まれることを望んでいる人にとっては適切な昇進制度であるといえる。

【職務資格制度】デメリット:「評価基準」が曖昧であること

 しかしながら職務資格制度は、評価基準が曖昧なため、年功序列制と似た性質になりやすいのだ。

 昇進できなかった場合には正当な評価が行われているのか?と疑問や不満が残ることもあるだろう。

 より公平・公正な昇進をしたい人は、資格試験や昇進試験を実施している会社を探してほしい。

昇進制度の例②「職能資格制」のまとめ

  • メリット:勤務上の総合的な能力で評価される
  • デメリット:年功序列制と似た評価基準になる可能性がある

代表的な昇進制度の例③:内部昇進制

【内部昇進制】公平な条件で競争できる昇進制度

  内部昇進制は、社員全員が同じ条件のもとで入社し、研修や実務を通じてビジネススキルの向上を目指していき、“業績”を判断基準として昇進を決定する制度だ。

 内部昇進制は企業ごとに多少運営形態が異なるが、基本的には年功序列制と職能資格制を合わせた形の昇進制度。

 同期入社の人間がライバルとなり、個々人の能力の優劣で昇進を争っていくイメージである。

【内部昇進制】メリット:「不満の出にくい評価基準」で昇進が判断されること

 勤続年数という「平等な評価基準」と「能力の優劣」という評価基準の2つをうまく活かして、昇進判断がなされる。

 そのため、内部昇進制は、その評価基準から当事者からも不満の出にくい昇進制度といえるだろう。

【内部昇進制】デメリット:「出世ルートから外れた後」のリスクがあること

 デメリットとしては、一度競争から脱落してしまうと出世の道が遠のいてしまうということ。

 同期入社組がライバルになるため、一度昇進で先を越されてしまうと後から追い抜くことが困難になる。

 優秀な人材をどんどん絞り込んでいくことに適した昇進制度であるため、脱落することのないよう、注意が必要だ。

 負けず嫌いで、いち早く成長をしたいという人にマッチした昇進制度である。

昇進制度の例③「内部昇進制」のまとめ

  • メリット:勤続年数と能力の2軸で判断される
  • デメリット:一度でも出世ルートから外れると同期に比べて昇進しにくくなる

日本における代表的な3つの昇進制度まとめ

 日本企業に採用される主な昇進制度の3つ見てきたが、自分の知らない昇進制度はあっただろうか?

 「評価されたい」と思うポイントや「最も評価されやすい」ポイントは、人それぞれだ。

 「能力」を評価してもらいたい人もいれば、人柄などの「総合力」を評価してもらいたいという人もいる。

 キャリアプランの中に“昇進”が含まれているという人は、勤務先の昇進制度の評価基準などを確認してみてほしい。

記事内で紹介した昇進制度まとめ

  • 年功序列制(勤続年数で評価)
  • 職能資格制(能力で評価)
  • 内部昇進制(勤続年数・能力を総合的に評価)


 昇進制度は色々な形があるが、一概にこれが昇進しやすい!といえるものはない。

 会社によって同じ名前の昇進制度でも差異があり、職種や市場環境によっても昇進の条件は異なる。

 今、働いている会社や転職先の会社がどのような昇進制度か、しっかり調べておくことがスムーズな昇進につながるはずだ。

 本記事をきっかけに「昇進制度」について今一度考えてみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する