1. TOEFLの試験対策に必要な期間とその間で学ぶこと

TOEFLの試験対策に必要な期間とその間で学ぶこと


 今、TOEFLが注目されてきています。それは学生および社会人でも海外に留学して学びたいものがあるということで、留学が注目されていることにも関係しています。また、TOEFLは海外留学の時に必要な試験でもあるのです。

 しかし、これから留学を考えている人にとってTOEFLがどれだけ重要でその対策期間はどれくらいあればいいのかと分かっている人は意外に少ないです。ここではTOEFLとは何かを学び、その対策期間はどれだけの期間が必要で何を学べばいいかを考えていきます。

TOEICとTOEFLの違い

 TOEICは知っているけれどTOEFLは知らないという人は、意外にと多いのではないでしょうか。まずTOEICとTOEFLの違いから見ていきましょう。

 まずTOEICは、非ネイティブ英語圏の人に向けて日常会話程度の英語能力を検定する試験です。対してTOEFLは、北米などに留学を希望する人が実際に留学した時に、授業を受けるだけの英語力があるかということを試す英語能力検定となっています。

 TOEFLは海外の大学や大学院などの研究機関で英語でコミュニケーションを取ることを前提にした英語能力があるかを問う検定ですので、難易度としてもTOEICよりも高度なものが要求されます。

対策期間はどれくらいか

 当然高いレベルの英語力、コミュニケーションだけでなく大学などの研究機関で研究できるほどの高次元の専門的用語をも操れるほどになる必要があるのですから、一朝一夕では上手くいくはずがありません。

 最低でも1年以上の対策期間が必要といえると思います。1日に1時間から2時間程度の勉強をコツコツとしてくことが大切です。また併せて、英検やTOEICの検定対策をすることもできます。

試験対策で何を学ぶのか

 では実際にTOEFL対策期間に何を学ぶことが求められるのでしょうか。上述したようにTOEFLはTOEICよりも難易度が高いテストであり、もともとTOEICは非英語圏の人たちにとってTOEFLが難しすぎるためにその簡易版として現れた英語能力判定テストなのです。

 そしてTOEICは試験内容、英語能力を判定する素材を日常会話、日常風景の中から抽出しています。それに比べてTOEFLは日常的ではないアカデミックなボキャブラリを醸成していくこと、つまり総合的な英語能力が求められるのです。

 留学などを理由にTOEFLをこれから受験しようとする人は、それなりに長い期間のTOEFL対策期間を設けなければなりません。それはただ単に受験英語対策をするということではなく、海外の大学や教育機関でともに勉強していけれるだけの高度な英語能力・学習能力・コミュニケーション能力が必要だということです。それには短期決戦というよりも、1日少ない時間でもコツコツとして勉強の積み重ねが大切なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する