1. 面接で前職の業務内容を批判してはいけない理由

面接で前職の業務内容を批判してはいけない理由

by sekimura
 面接で前職について批判的な内容を言うことは、面接官の心証を下げてしまう可能性があります。ここでは、面接で前職の業務内容を批判しては行けない理由を紹介したいと思います。

会社に対して反抗的な人物であると思われてしまう

 批判をしてしまうと、会社に対して反抗的な態度を取る人物であると思われてしまう可能性があります。会社に対して反抗的な態度を示す人は、上司や会社の体制に楯突くことも多く、会社としては、採用するとデメリットに感じる部分も多いでしょう。

業界全体が抱えている問題の場合がある

 批判内容が、業界全体が現在抱えている問題である場合もあるでしょう。そのような場合、自分と同じ業界では、全体が問題を抱えているため、どこの企業でも同じ批判を繰り返すのではないかと面接官は不安になるのではないでしょうか。

会社の守秘義務を守ることが出来ない人物だと認識される

 会社によっては、業務内容自体を公開していない場合があります。業務内容を批判する時に、あけすけに話してしまうと、会社の守秘義務が守れない人間であると認識され、ビジネスマンとしての信用を失ってしまうでしょう。


 ここでは、面接で前職の批判をしてはいけない理由を紹介しました。前職のことを批判しても、デメリットが大きく、あまりオススメできません。批判的な内容は述べないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する