1. 【費用対効果をあげる】Facebook広告の「セグメント化」2つの方法

【費用対効果をあげる】Facebook広告の「セグメント化」2つの方法

by Hello Turkey Toe
 現在では数多くのユーザーを抱え、日常的な繋がりをオンラインでも可能としているFacebookでは、それを見ない日はないと言えるほど、毎日のように各企業の広告が流れています。この広告によって、各企業はFacebook内に存在するファンや潜在顧客に対して、自社のブランド商品の訴求を行い、実際の購買意欲へと結びつけています。

 Facebookなどのソーシャルメディアでのマーケティングでは、従来通りの方法ではなく、緻密に計算された新しいマーケティング方法が取られ、それによって各企業の宣伝は成功することができると言われているのです。そこで今回は、新しくFacebookで広告を発信する際の参考になるよう、Facebook広告をセグメント化させる方法について紹介していきます。

ターゲットの居住場所や年齢層を絞る

 Facebookは現在世界中のユーザーを抱えていますが、その数は12億人を超えると言われており、その中では老若男女問わず、様々な年齢層のユーザーが存在しています。実際に広告を発信する際には、広告をセグメント化させることが何より重要となってきますが、その中でも自ブランドのターゲットである年齢層を把握し、そこに向けたメッセージある広告を発信するべきでしょう。

 こういった細かな設定は、Facebook内の広告作成の中で行うことができ、そこで居住場所や年齢層をあらかじめ指定し、そこに向けて発信することで費用対効果も高く、期待できる広告となるのです。

キャンペーン内容・日時・予算を絞る

 Facebookにおいて、セグメント化されたいくつかの広告を組み合わせたマーケティングは、そうでないものと比べたときに結果が大きく異なってきます。毎月のように充分な予算を持ち、発信している例は別として、多くの場合はコスト削減なども見込んだ上でのソーシャルメディアの利用となるでしょう。そしてその場合は、少ない予算で最大限の効果を出すということが必須となってきます。

 そのため、ただ闇雲に情報を発信するのではなく、インプレッション1,000回あたりの料金であるCPM、1クリックあたりの料金であるCPCなどの設定の含めた、細やかな設定を行い、利益へと繋げていくようにしましょう。


 いかがでしょうか。今回はFacebook広告をセグメント化させる方法について紹介しました。Facebookでの広告作成や発信などのマーケティングにおいて、最も重要なものの一つとして、ユーザーに日常に利益をもたらす内容かどうかということがあります。自社のブランドのファンである年齢層から遠く離れてしまっている場合、当然のようにユーザーに対するニーズを満たせておらず、お金をかけ発信された広告はただ埋没し、消えてしまうでしょう。

 そうならないためにも年齢層や実際の購買意欲に繋がる居住場所、また金銭的リスクを最小限に抑えられるような基本的な設定など、セグメント化を行うことで、効果はますます期待でき、企業の利益へと繋がっていくことでしょう。今回の記事を参考にし、Facebook広告についてあらためて見直し、実りのある広告を発信していってください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する