1. 広告をFacebook用に最適化する2つの方法

広告をFacebook用に最適化する2つの方法

by Luke,Ma
 現在世界中に多くのユーザーを抱えるFacebookで広告を発信することは、非常に意義があると言えるでしょう。細分化されたターゲットに向けていくつかの広告を発信することが出来るため、それまでとは違った高い効果を期待することができます。

 しかし、ソーシャルメディアというコミュニケーションを中心とした場では、従来のような宣伝を前面に押し出したマーケティングが受け入れられにくいという側面もあるということを頭に入れておかなければなりません。そこで今回は、フェイスブックでユーザーの興味をそそり、なおかつ効果の高い広告を発信するためにも、広告をFacebook用に最適化する方法についていくつか紹介していきます。

インプレッション単価(CPM)で最適化

 Facebookページ、イベント、アプリを宣伝する場合には、インプレッション単価での支払いが、より効率の良い宣伝効果を生みます。現在のFacebookには、このインプレッション単価とクリック単価という2つのパターンから、自社のブランドに適した表示方法を選択することができます。

 このクリック単価では、「いいね!」をクリックされた回数分の課金がされることとなりますが、実際のクリック率が低い場合には、同様に効果も低いものとなってしまいます。自社のブランドの訴求したいユーザ層が幅広く、うまく絞り込むことの難しい広告の場合は、このインプレッション単価であるCPM(1000人に表示させた時点で課金)課金でアクションを最適化していくほうがメリットも大きくなるでしょう。

ターゲットを絞ることで最適化

 Facebookの広告で高い効果を望むためには、しっかりと計算された広告を発信することが最も重要。そのため年齢層から居住場所に至るまで、作成の段階で細かく設定することでコストも安くおさえることができ、また高い費用対効果も期待できるでしょう。

 上述したように、自社のブランドの訴求したいユーザ層が幅広く、うまく絞り込むことの難しい広告の場合は別ですが、多くの企業は自ブランドのファンの年齢層や興味を理解して運営していることと思います。その場合は特に、このターゲットを絞るということを念頭に置き広告の作成をすることで最適化を図ることができるでしょう。


 いかがでしょうか。今回は広告をFacebook用に最適化する方法についていくつか紹介しました。この最適化については状況に応じて諸説あるため、自ブランドのスタイルに合わせた広告を作成することが重要ではありますが、簡単に広告を作成することができ、多くの競合も発信する可能性のあるFacebookだからこそ、しっかりと自社のブランドの特色を生かしていくことが必要です。

 どうしてもユーザーを細かく絞れないという企業の場合は、まずは簡単広告などを利用し、ある程度の資料を手に入れつつ、情報を精査してから細分化していくのも一つの手でしょう。今回の記事を参考に、Facebook用に最適化された広告を発信し、多くのファンを獲得していくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する