1. TOEICを勉強することによって転職が有利になる理由

TOEICを勉強することによって転職が有利になる理由


 現在の国際化社会では、共通言語としての英会話能力はほぼ必須とも言われるスキルの一つとなってきました。現在までは日本独自のビジネスモデルを多数輩出し、世界の中でも先進国として名を馳せてきましたが、それだけでは成り立たない厳しい位置にまできているのが現状でしょう。

 世界の中で今後も先進国としての重要な位置を保持していくためには、国際社会で勝ち抜く英語能力を身につけなければならないと、以前から言われ続けてきました。以前から必要であったことに変わりはないのですが、多くの人がその力を身につけることなく過ごしてきた日本においても、これからの若い世代は、今までの世代とは違い、英会話能力を身につけてそれを実業務に役立てていく必要があります。

 その中で、大きな指針となるのがTOEICでしょう。そこで今回はTOEICを勉強することが転職で有利になる理由についていくつかご紹介していきます。

世界的な採用基準となっている

 世界の多くの企業では、TOEICのスコアを採用基準の1つとして置いており、ここ日本でも、大手企業や外資系企業は同じくTOEICを重要な位置づけとし、採用の際の判断基準としています。

 TOEICは国際社会の中でも受験する人が多くおり、客観的な判断がしやすいことからこうした側面があると言われています。一般的に国内企業であれば700点以上が最低ラインであると知られていますが、実際の業務で使用するとなると、800点~900点を目安に判断されることも少なくありません。

 海外の企業の中には、採用条件に記載していなくとも800点以下の場合は切り捨てる企業もあるなど、シビアな判断材料の一つとしてTOEICは利用されています。そのため、TOEICのハイスコアを持っていることは、国際社会の中でも価値ある人材として、日本に限らず有利に転職を進めていくことができるでしょう。

努力が目に見えて分かる

 TOEICのスコアを持っているということは、その試験を受けるために必死に勉強し英語力を身に付けたという実績に他なりません。そのため、多くの人事担当者はその努力を知ることとなるでしょう。

 苦手な分野であってもそれを克服するために努力を重ね、実際に結果としてハイスコアを手に入れているとなると、誰が聞いても魅力的な人材だと映ることでしょう。これはその他の業務にも共通する人間力にも繋がってきますし、国際化社会に発展していく社会の中でその企業に対して即戦力になれるメリットをアピールすることもできます。そのため、TOEICを勉強し、目に見える結果を出しているということは特筆すべき能力の一つとなっており、転職の際にも有利に働く原因の一つとなっているのです。

 いかがでしょうか。今回はTOEICを勉強することが転職で有利になる理由についていくつかご紹介してきました。今後の各企業の命運を握っている鍵の一つに「英語」は必ず存在します。

 英語能力を全く持たない企業は、国内でのシェアに終始しその業績は悪化の一途を辿ることが目に見えています。国内に限らず、世界との繋がりを持てることで飛躍的な成功が手に入る可能性が多くありますので、転職の際に自分の可能性を狭めないためにも、TOEICを勉強して自分の能力を提示できるようにすることが大切でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する