1. 英語のスピーチを成功に導く上で欠かせない大切な4つのこと

英語のスピーチを成功に導く上で欠かせない大切な4つのこと


 スピーチをする時は、人前に出るのに自信がある人でもつい緊張してしまうものです。ある調査によると、スピーチをすることは死ぬことよりも怖いという回答をする人もいるそうです。また、日本語のスピーチだったら全然問題ないものの、英語のスピーチとなると頭の中が真っ白になってしまって全く駄目だという人もいるのです。

 そこで、素晴らしい英語のスピーチができるように、英語のスピーチをする上で決して忘れてはいけない大切なことを紹介したいと思います。

トピックを理解し内容のリサーチをしっかりすること

 英語のスピーチをする時にスピーチの内容をしっかり分かっていれば、自信が付きスピーチの文章を棒読みしなくなります。内容を理解しているという事は、何を言えば良いのか分かっているということなので、自分の言葉を使ってスピーチをすることができます。

 内容を熟知するには、中身の濃いリサーチが必要ですよね。十分なリサーチをしていれば、その場であがってしまっても、スピーチの中で外せない大切なことは言えるはずです。

スピーチのアウトライン

 スピーチを丸暗記したり、スピーチの文章を一文一文紙に書いて読むのはやめましょう。スピーチ用のアウトラインがあれば十分です。

 なかなか覚えられない単語などは、そのアウトラインの紙にメモするようにしてください。話す時は、シンプルで短い文章で話すようにしましょう。スピーチで大切な点はオーデイエンスと交わることですから、話し言葉になればなるほど相手にメッセージが伝わりやすくなります。英会話をしているような感覚を持つようにしてください。

友達や同僚に聞いてもらう

 ある程度英語のスピーチの形ができてきたら、英語の分かる友人や会社の仲間にスピーチの感想を聞いてみましょう。

 「つまらない」と言われたら冗談を加えるようにし、「心に響くメッセージやポイントが思い浮かばない」と言われたらスピーチの内容を練り直してください。同時に、英語の発音が思ったようにできているか、英語の文章に間違いがないかの確認もするようにしましょう。

 最初は、簡単にアウトラインを読みながらの練習をします。次に、鏡を見ながらジェスチャーを交えての練習をしましょう。スピーチが完成したら、iPhoneなどで自分の声を録音します。自分がどのように話しているかを分析し、時間内に話し終わることができているかを確かめましょう。

スピーチの前のご褒美

 冗談のように聞こえてしまうかもしれませんが、スピーチ前の自分へのご褒美が一番効果的に働くかも知れません。

 スピーチをする1時間前くらいに、大好きなスイーツを食べたり新しく買ったネクタイをしたり、お気に入りのスーツを着たりなどなんでも良いので、自分にご褒美をあげてください。そうすることによって自分自身が幸せな気分になり、リラックスして英語のスピーチが出来るようになります。自分が機嫌が良いと周りの人たちも楽しい気分になるので、良い雰囲気でスピーチがしやすくなるのです。

 ここでご紹介した、英語のスピーチをする上で欠かせない大切なものを思い出して英語のスピーチをすれば、英語でのスピーチでも成功する確率は上がると思います。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する