1. 「英語を話すのが苦手だ…」ということを相手の外国人に伝えるときのポイント

「英語を話すのが苦手だ…」ということを相手の外国人に伝えるときのポイント

「英語を話すのが苦手だ…」ということを相手の外国人に伝えるときのポイント 1番目の画像

 日本のビジネスパーソンにも、英語を話さなければならない機会が増え、英語への苦手意識が消えない人も多いはず。

 「英語が苦手という旨を相手に伝えるべきか?」悩むところ。思い切って相手に伝えてしまうことも1つの手だ。

 本記事では、「英語が苦手……」を相手に伝える際のポイントを紹介しよう。

「英語が苦手……」伝える際のポイントとは

 「英語は話せない」と相手を遠ざけてしまうと、相手に悪い印象を与えてしまい、失礼に当たる可能性もある。

 英語が苦手ということを伝える際のポイントを押さえたい。

自己紹介で英語が話せないことを伝える

 英語でスムーズに挨拶をし、本題に移ったところで相手の英語のスピードについていけない、という経験もあるかもしれない。

 最初から飛ばさずに、自己紹介のところで得意ではないことを伝えよう。

 慣れない雰囲気を存分に出して話をすると、相手も自分の英語レベルに合わせてゆっくりはっきり話してくれるようになる。

 語学力ではなく、コミュニケーション能力が大切なのだ。

自信をしっかりもつ

 英語が話せないからといって、縮こまることはない。

 日本に住む上で英語は必要ないため、英語が苦手なのは不思議ではないのだ。

 フランスやイタリアなどのヨーロッパの国々においても、英語を話さない人は大勢いる。

 海外の人を相手にする際は、たとえ語学力が足りなくとも、自信を持って堂々とした態度を見せることを心がけてほしい。

英語が苦手な旨を伝える際のフレーズ

 ポイントが押さえられてところで、実際に英語で苦手ということを伝えよう。

「英語が苦手です」は英語で?

 以下の英語表現を参考にしてみてほしい。

【英語フレーズ】英語が苦手です

  • I'm not good in English
  • I don't speak much English




 本記事では、英語が苦手……という旨を相手に伝える際のポイントと英語表現を紹介してきた。

 苦手な英語を使わなくてはいけないということは、大変かもしれない。

 回数を重ねていくうちに、コミュニケーションにも慣れてくるので、ぜひ頑張ってほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する