1. 目標設定をする時の効果的なチェックシートの作り方のコツ

目標設定をする時の効果的なチェックシートの作り方のコツ

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 目標設定をする際に、目標の到達状況を確認するためにチェックシートを利用することがあると思われますが、チェックシートの作り方がよく分からない方が多いと思います。ここでは、目標設定をする際の効果的なチェックシートの作り方のコツについて説明したいと思います。

目標到達地点から逆算して細かく予定を立てる

 目標設定をする際の効果的なチェックシートの作り方のコツとしては、まずはどのような目標を立てて実行したいのかということを到達目標の時期から逆算して、目標を細分化してチェックシートを作ることです。例えば、目標がTOEICで800点を取ることだとしたら、それを細分化していくと、単語を覚えることになり、一日単位では、単語帳を数ページ進めることになるというようなやり方で、目標を細分化しておきましょう。

何をやったのかを簡単に確認できるようにしておく

 単純に目標達成を達成できたのかを確認するだけでは、達成しようとする意識が低くなります。これまで何をやったのかを確認できるような項目の設定の仕方をすることで、振り返りをすることができ、達成への意識も高まるのではないでしょうか。チェックシートを作るときは、何をやったのかを確認できるような項目の書き方をしておきましょう。


 ここでは、目標設定をする時のチェックシートの作り方のコツを紹介しました。項目を細分化し、振り返りをする時に詳細がわかるようにすることで、目標の達成に近づくことが出来るでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する