1. 転職者が新しい職場で「即戦力」として活躍するために身につけておきたい3つのスキル

転職者が新しい職場で「即戦力」として活躍するために身につけておきたい3つのスキル

by mrhayata
 転職者が新しい職場で即戦力として活躍するためにはスキルが重要、とよく言われます。確かに即戦力として活躍するためにはスキルが重要なのですが、この場合のスキルとは語学やコンピュータ、会計といったような技能としてのスキルを指しているのではありません。即戦力として働くためには、ビジネスマンに求められる普遍的なスキルが需要な意味を持ちます。今回は、転職者が即戦力になるために身に付けておくべきスキルを紹介します。

1. 学習スキル

 学習スキルとは、新しい仕事のやり方や知識を学び、それらを的確に理解して自分のものにすることができるスキルです。スキルという言葉は学習によって身に着けた知識や技能そのものを指して使われることが多いですが、即戦力に必要な学習スキルとは、知識や技能を学ぶ姿勢や能力そのものを意味します。

 どれだけ知識やスキルを身に着けていたとしても、新しい職場でいきなり一人で仕事を始めることは不可能です。仕事の手順を覚えなくてはいけませんし、職場独自のルールを知らないで勝手に仕事を進めてしまうとトラブルの原因になります。転職者が即戦力になるためには、新たに求められる知識やルールをいち早く学ばなくてはいけません。学習スキルにかけている人物は、自分のやり方を押し付けたり、いつまでも新しいやり方を学ぼうとしない傾向があります。

 自分のやり方を主張するのではなく、新しい知識ややり方を学んで柔軟に受け入れられる学習スキルを身に着けておかなければ、即戦力として活躍することは不可能と言えるでしょう。

2. 目標設定スキル

 新しい職場で仕事を進めていくためには、適切な目標を設定しなければなりません。目標は進むべき方向を示すものであり、超えるべき課題でもあります。正しい目標が設定できれば仕事を正しく効率的に進められるようになり、転職後に即戦力として働くことが可能になるでしょう。

 転職者の場合、新しい職場に早く慣れるためにも目標設定は欠かせません。覚えるべきことを一つ一つ目標に設定し、達成を目指して努力していけば必ず即戦力として活躍できるようになります。個人としての目標や職場全体の目標などいろいろな目標を設定していく必要がありますが、まずは職場に慣れることを最初の目標に設定し、早く即戦力として会社に貢献することを目指してください。

3. 問題解決スキル

 転職した職場では様々な問題に直面することになります。不慣れからくる問題もあれば、考え方の違いから生じる問題もあります。問題に直面した時に適切な解決方法を見出し、問題を解決することができる問題解決スキルが無ければ、新しい職場で即戦力として活躍することは不可能です。

 問題解決には何が必要が、誰に尋ねれば回答が得られるのか、過去の経験を生かして解決できるのか、重要なのは問題を解決できるかどうかではなく、解決に至る道筋を見つけ出せるかどうかです。

 個人の能力には限界がありますから、すべての問題を一人で解決することは不可能です。解決不可能な問題に直面した時に、解決能力を持つ人物を探し出せるのも問題解決スキルの一つ。正しい方向性を見出し、問題の本質を分析することが問題解決スキルの向上につながります。


 転職者が新しい職場で即戦力となるためには、知識や技術そのものではありません。知識や技術をどのように学びどのような形で生かすのか、それを導き出すことができるスキルを身につければ、転職先の職場でも即戦力として活躍することが可能でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する