1. 会議の議事録を作成する時に気をつけたい注意点

会議の議事録を作成する時に気をつけたい注意点

by zipckr
 会議の後には、会議の内容や議決事項を記載した議事録を作成します。会議の内容をしっかりと記録し、重要なことをまとめておく必要があるでしょう。ここでは議事録を作成する上での注意点を紹介します。

記録を詳細にとっておくこと

 会議に出席するときは必ずICレコーダーで録音し、さらに自分なりにメモもとりましょう。メモを取ることの他、録音することで、重要な部分の聞き逃しを防ぐことができるでしょう。また、重要な事項は、議事録の内容が間違っていると思わぬトラブルにつながりますので、しっかりとチェックする意味でも、記録は詳細にするようにしておくべきです。

議事録の作成は早めに

 会議が終わったら議事録の作成はすぐにとりかかりましょう。時間が経つと会議の内容の細かい部分を忘れてしまい、せっかくとったメモを見てもピンとこないことが多々あります。細かなチェックなどが必要な場合もあるため、早めに作成して、提出出来る状態に仕上げることが必要になるのではないでしょうか。

ケアレスミスがないように

 誤字や脱字、書類のフォーマットのミスなどは、事前に防ぐことができるミスです。議事録を作成する際は、ミスの指摘などで時間を割くことは極力避けたいので、このようなケアレスミスはしないようにし、見直しで指摘される前に修正を加えておきましょう。


 ここでは、議事録を作成する際の注意点を紹介しました。議事録を作成するときは、ここで紹介したような注意点をしっかりと意識して作成するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する