1. マネージャーとしての経験を通して知る「本当の仕事」とは?

マネージャーとしての経験を通して知る「本当の仕事」とは?

by nattu
 入りたかった会社に就職し、頑張って働いてマネージャーになった時の喜びは格別なもの。また、これまで自分が働く会社に不安や疑念を持っていた場合でも、いったんマネージャーになると、その思いは一変したりします。しかし、マネージャーとしての仕事はこれまでのプレーヤーとは異なり、うまくいかないと感じる人も多いでしょう。ここではマネージャーになって初めて得られる経験から、「本当の仕事」とは何かを考えてみたいと思います。

他人の重要性がわかる

 日本の会社の場合は、プレーヤーとして優秀な結果を残した生え抜きがマネージャーになる傾向が強いと言えます。よって、あなたがマネージャーを任されたということは、周囲の同僚などと比べて何か秀でたものがあったということです。それは大きな自信につながるでしょう。そして、そんな場合は往々にして、何か新しいことを始めたくなります。

 マネジメントとは何かを勉強し、自分ならではのやり方でこれまでよりもより成果を出そうと思う、これは新マネージャーにとっては当然のことで、会社をよくするための必然とも言えるでしょう。しかし、あなたがマネジメントする組織が大きければ大きいほど、その組織は過去のしがらみにとらわれ、作業手法は硬直化し、動かしたくても結局動かせない、ということが起きてしまいます。

 そんな時、わかるのは「他人の重要性」。これまでは自分一人でできていたことが、他人なしにはできなくなるのです。メンバーたちがあなたを理解し、信頼し、動くことで初めてあなたはあなたの思った通りのことができるようになります。他人の重要性がわかる、これは本当に大きな経験と言えるでしょう。

交渉術が身に付く

 マネージャーの最も大切な仕事は、「責任を取る」ということ。部下を指導して動かし、その結果に対して責任を取るのがマネージャーの役割です。部下のやったことを部下の責任として終わらせてしまうとしたら、あなたのマネージャーとしての未来は短いものとなります。組織では誰かが必ずあなたを見ているのです。

 よって、あなたには自分が責任を取るための、あらゆる方策が必要となります。時には部下をほめたり、叱咤することも必要でしょう。そして、経営層や他部署、関連会社などに対しても、自分が責任を取るためにぶつかったり、時には嘘をつくこともあるでしょう。

 そうやって、あらゆるやり取りを通してあなたは管理する部下たちを守り、成長を促さなければなりません。それが身につく交渉術。あなたが自分のために賢明に交渉していると思うことで、部下はあなたを信頼し、安心してあなたの元で働けるのです。


 このように、他人の重要性を理解し、他人との関係性の中で交渉して成長していく、このことは実は仕事だけの話ではありません。人間として生きるために必要なことなのです。結局のところ、組織のトップとしての仕事とは、人間性を高めていくことに他ならないのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する