1. 【押し直しはOK?】書類に印鑑を押すのを失敗してしまったときの対処法

【押し直しはOK?】書類に印鑑を押すのを失敗してしまったときの対処法

【押し直しはOK?】書類に印鑑を押すのを失敗してしまったときの対処法 1番目の画像

 書類に印鑑を捺印するときに押し方が悪くて印章が欠けたり、薄くなったりする場合もあるが、正式な書類での印鑑の押し直しはきちんと行いたいものだ。

 本記事では、印鑑を押し間違えてしまった際の訂正方法や押し直しの方法を紹介したい。

 正しい訂正方法を心得て、押し間違えたときに焦らず対処できるようになろう。

押し直すべき? 大人が知っておきたい「印鑑の正しい訂正方法」

【押し直しはOK?】書類に印鑑を押すのを失敗してしまったときの対処法 2番目の画像

印鑑の正しい訂正方法①:重ねて捺印はNG! 押し直しをしないで訂正する

 捺印に失敗してしまった場合は、重ねて押し直すのはNG。重ねて捺印してしまうと、印鑑に書かれた文字の確認が取りにくくなってしまうからだ。

 印鑑の照合を間違えないようにするためにも、改めて別の場所に印鑑を押し直す必要がある。

【押し直しはOK?】書類に印鑑を押すのを失敗してしまったときの対処法 3番目の画像

 捺印の失敗を訂正する場合は、間違えて印鑑を押してしまった部分に正しい印鑑を押して抹消しよう。その横にさらに捺印し直したら、訂正完了だ

 後で詳しく説明するが、失敗した捺印に二重線を引く訂正方法もNGであるということを覚えておいてほしい。

 訂正時は、印鑑が押し直されていることがはっきりとわかるように印鑑を押し直そう。

印鑑の正しい訂正方法②:文字と重ならないように押し直す

 訂正する場合、ボールペンなどで書いた文字の上に印鑑を押さないように気をつけるべきである。

 なぜなら、書類に押印する印鑑は証明書の印影と照合する際に、文字と重なるような印鑑の押し方をしてしまうと照合がうまくいかなくなってしまうからだ。文字と重なる形での捺印は避けよう

 印鑑を訂正する場合は、先の説明で使用したイメージ図のように空いているスペースに捺印をすることを心がけてほしい。

印鑑を訂正する際のNG例3つ

【押し直しはOK?】書類に印鑑を押すのを失敗してしまったときの対処法 4番目の画像

印鑑を訂正する際のNG例①:二重線で訂正してしまう

  押印に失敗した際のやりがちな訂正ミスとして、「二重線で訂正する」ということが挙げられる。

 カジュアルな書類の場合は二重線で良いこともあるが、実は正しい訂正方法ではない。

 その理由は、印鑑に二重線を引くだけでは偽物の印鑑で修正することができ、悪用される可能性があるからだ。

 「本人が修正を行った」という意味を持たせるために、二重線ではなく印鑑で訂正するようにしよう。

印鑑を訂正する際のNG例②:修正液・修正テープを使用する

 印鑑の捺印ミスや正式な書類上でのミスに、修正液や修正テープを使うこともNGだ。

 修正液や修正テープを使ってしまうと書類の改ざんと捉えられてしまう恐れがあるためである。

 修正時にうっかり使ってしまう便利なアイテムだが、印鑑の失敗や記入ミスをした際など、公的なものに使用するのは控えよう。

印鑑を訂正する際のNG例③:印鑑同士が重なってしまう

 印鑑を押すときには、印鑑同士が重ならないように気をつけたい。

 印鑑を押すスペースは狭いことが多いが、印鑑が重なってしまうと書類に書かれた情報が見えにくくなってしまうのだ。

 もし印鑑の捺印に失敗してしまった場合は、捺印欄からはみ出してしまっても、印鑑同士が重ならないように押し直してほしい。

押し直しをするときも気をつけたい「きれいに印鑑を押す3つのコツ」

  • きれいに捺印するコツ①:朱肉は軽く馴染ませる程度につける
  • きれいに捺印するコツ②:マットや柔らかい布を下に敷く
  • きれいに捺印するコツ③:捺印時は円を描くようにして押す


 書類に間違えて押してしまった印鑑の訂正方法や押し直しの方法を紹介した。押し間違えてしまった印鑑を自己流でなんとなく訂正をしてしまうと、余計な工数がかかってしまうものだ。

 本記事を機会に、ビジネスパーソンとしてはもちろん、大人の常識として正しい捺印の訂正方法や押し直しの方法を頭に入れておこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する