1. 英語の語彙を増やすことの重要性【語彙が少ないと伝えたいことが伝わらない】

英語の語彙を増やすことの重要性【語彙が少ないと伝えたいことが伝わらない】

by geezaweezer
 英語を学習するにあたって、会話の重要性を考える人々が多くなってきていますが、重要なのは会話だけでしょうか?もちろん、会話に慣れることや会話のタイミングをとらえることはとても大切です。また会話で伝える力、聞く力を鍛えるだけでなく文章を読む力、組み立てる力も同等に必要です。

 それでは、英語を伝える、聞く、読む、組み立てるのに基本となるものは何でしょうか?それは単語です。英語の語彙数を増やすことは、その英語を学習する上でまず初めにしなければならないベーシックな学習内容なのです。今回は、その語彙を増やすことの重要性について話していきます。

日本人の持つ語彙はもともとそれほど少なくない

 私達日本人が学生のうちに習得するべく語彙数ですが、中学英語で3000語、高校1、2年生で3000語、大学入試で8000~12000語ほどです。そうすると、真面目に学校の授業を受けて入れば、高校卒業の時点で8000語程度は語彙数を持ち合わせているということになります。

 これはビジネスで必要な英語10000語まであと一歩のレベルですので、ボキャブラリーは元々少なくないのです。要はそれを覚えているか、有効活用できているか、が私達日本人が英語学習でまず躓くところでしょう。

なぜ語彙数が必要か

 それでは学校教育で習得した英語の語彙数で会話ができるか…というと、それはまた難しい話です。なぜかというと、まず覚えた単語を忘れてしまって実質2000~3000語程度しか頭に残っていないからです。まずは覚えた単語を思い出すことから始める必要があるため英語学習は途中で挫折してしまうのです。

 もうひとつ会話ができない理由として、やはり会話に慣れていないという致命的な原因があります。場数を踏めばスラスラ出てくる単語も、使わないと忘れてしまったり、会話では役に立たなくなります。

 したがって、それでも出てこない単語に関してはそれをカバーするためにもボキャブラリーを蓄えておくことは大切なのです。例えば「recalcitrant」という単語があります。これは「手に負えない」という意味なのですが、これが相手に伝わらなかった際に他の表現方法を使用する必要があります。それが「Stubbornly refusing to obey rules or orders」となります。

 さらにその説明文中の「obey」が理解できなかった場合、それを「follow」と別の表現を使って伝えることが必要になります。特に私達日本人のように英語を第二カ国言語とする人々は、英語の発音が問題で相手に思い描いている情報がストレートに伝わらない場合が多いので、それをカバーするための語彙数はどうしても必須になります。

会話を広げるために

 そして何より会話の幅を広げ、興味深い人間だと思われることで、次の会話にそれが繋がることが多くあります。日本人同士でもそうですが、相手に知識が沢山ありさまざまな語り口で会話を盛り上げてくれる人は「興味深い人」として必要とされるのです。特にビジネスシーンでは言葉巧みに相手を口説く術も必要、となるとやはりボキャブラリーは必要となってきます。


 英語学習において、一番簡単な学習が語彙を増やすこと。会話やリーディングはそれなりの学習が必要ですが、ボキャブラリーを増やすという作業は、単に単語を覚えればいいこと。あまり苦手意識を持たずに、とてもシンプルだということを念頭に置いて学習するといいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する