1. 会社の飲み会を欠席する連絡をするときに気をつけたいこと

会社の飲み会を欠席する連絡をするときに気をつけたいこと

by PoYang_博仰
 会社の飲み会は事前に出席を取ることが多いと思いますが、どうしても外せない予定が入ってしまったり、仕事が忙しく欠席しなければならないこともあるのではないでしょうか。ここでは、会社の飲み会を欠席する連絡をするときに気をつけたいことを紹介したいと思います。

直前のキャンセルは控える

 会社の飲み会では直前でキャンセルすることは極力控えたいところです。やはり、飲み会として事前に準備しているため、直前に予定変更があると、計画が上手く行かなくなってしまったり、キャンセルの代金が発生してしまうこともあります。直前にいきなり欠席ということは避けましょう。

欠席の旨は早めに連絡する

 飲み会をするときは、予約の人数などが事前に決めている場合があります。もし、欠席するということがわかったときは、早めに感じに連絡をして、欠席するということを伝えるようにしましょう。

タイミングを考える

 業務中、あるいは、休日などに連絡をしても欠席したということを幹事が忘れてしまうこともあり、よくありません。しっかりとタイミングを考えて欠席の連絡をするほうがいいでしょう。業務の合間の休憩時間や、就業後すぐであれば、幹事の方も連絡を受けすぐに記録することができるため、いいのではないでしょうか。


 ここでは、飲み会の欠席の連絡をするときに気をつけたいことを紹介しました。飲み会の欠席の連絡は、タイミングを見計らい、早めに連絡するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する