1. 転職を有利に進めるために身につけておきたい2つの能力

転職を有利に進めるために身につけておきたい2つの能力

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 転職活動をしていく上で、しっかりと能力を身につけていると、有利に働く場合があります。しっかりと武器を認識することで、転職活動も成功に近づくでしょう。ここでは、転職活動を有利に進めることが出来る能力について紹介したいと思います。

1.TOEIC700点以上の英語力

 世界共通言語である英語は、ここ日本でも一時期に比べて格段に重要な要素の一つとなってきました。今後ますます英会話の能力を持った人材の需要は高まっていくでしょう。ビジネスのシーンでもしっかりと役立つ英語力が何より求められる部分ではありますが、転職の面接の際に能力でアピールできるという観点では、TOEICでハイスコアを取っていることは強みとなるでしょう。特にTOEICでは700点以上のスコアをとっている場合は大きなアピールとなります。

2. 対人関係を円滑に進めることができる能力

 どこの職場でも重宝されるのが対人関係を上手く進めることができる人材でしょう。企業はチームでの共同作業ですので、全体の輪を大きく乱すようなことがあれば、全ての業務に支障をきたし、会社の存続も危ぶまれることとなりかねません。そのため周囲への気配りやコミュニケーション能力など、他人に対してメリットのある思いやりを持った人材が必要になります。転職の際も同様に、対人関係に関しての能力を持っている人材かどうかが非常に重要視されるでしょう。こういった能力をアピールできることで、転職も有利に進められるのではないでしょうか。


 ここでは、転職活動を有利に進めることができる能力を紹介しました。転職では、英語力や、コミュニケーションスキルが大きく評価される項目になりますので、しっかりと意識して能力を付けておくといいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する