1. 「書類の作成が苦手だ」という気持ちを克服するためにすべきこと

「書類の作成が苦手だ」という気持ちを克服するためにすべきこと

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 書類を上手く作ることが出来ず、書類作成に対して苦手意識を持っている人も多いのではないでしょうか。しっかりと改善するように取り組むことで、きっと書類作成の苦手意識も薄れていくことでしょう。ここでは、書類作成が苦手だという気持ちを克服するためにすべきことを紹介したいと思います。

まずは真似から入ってみる

 職場を見てみると、書類作成がうまい人というのは周りにいるはずです。その方の書類を読んでみて、真似するところから始めてみましょう。見よう見まねでも、まずは、わかりやすい資料を作ろうという意識を持ち、取り組むことが重要でしょう。

図や表を作る技術を身につける

 良い書類は、図や表のつくり方がうまいのではないでしょうか。見やすい図や表を作るためには、いくつかのポイントがありますが、しっかりとそれを押さえるだけでも、書類全体のクオリティがアップします。現在、図や表を上手く作るための本やノウハウもたくさん出回っていますので、読んで、意識的に改善していきましょう。

資料の読みにくいと思った点を教えてもらう

 他の社員に読んでもらって、改善点を率直に教えてもらうのもいいでしょう。作成していると気づかない読みにくさも存在します。読んでもらうことで、自分では自覚できない資料の読みにくさを確認することができるでしょう。


 ここでは、書類の作成が苦手だと思った人がその意識を克服するためにすべきことを紹介しました。意識的に取り組むことで、書類のクオリティは格段にアップします。まずは、書類のクオリティを上げることから始めてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する