1. ファイナンシャルプランナーになるために必要な勉強の内容とポイント

ファイナンシャルプランナーになるために必要な勉強の内容とポイント

 ファイナンシャルプランナーは、財政上の立案者という意味であり、投資家に資産管理のアドバイスを行うプロフェッショナルです。

 クライアントから収入や借入などの情報を収集することで、預金や退職金、株式などをどのように運用すれば効果があるのかという、ライフスタイルに適したアドバイスをします。ここでは、ファイナンシャルプランナーの勉強内容についてお話ししていきます。

ファイナンシャルプランナーになるためにすること

 ファイナンシャルプランナーを目指すのであれば、大学は経済学や経営学、商学、法学、経営情報学などを学んでおくと良いです。また、資格試験に挑戦する事もおすすめです。

 資格試験では、国家試験であるファイナンシャルプランニング技能検定や日本ファイナンシャルプランナーズ協会が実施するAFP、CFPといった試験があります。ファイナンシャルプランニング技能検定は1から3級まであり、学科試験と実技試験で資格取得を目指し、合格すればファイナンシャルプランニング技能士の称号を得る事ができます。
 
 AFPは、まず認定教育機関で研修を受け学習します。次に研修終了後に2級のファイナンシャルプランニング技能検定に合格し、協会に登録すると資格が得られます。CFPは試験に合格した後研修を受講し、実務経験を3年経験すると獲得できます。

ファイナンシャルプランニング技能検定の勉強内容

 ファイナンシャルプランニングの資格を取るには、3級であるならば最低1ヶ月、2級であるなら2ヶ月は勉強時間が必要です。勉強する際にはテキストと過去問題集を購入しましょう。金融財政事情研究会のHPでも過去問題をダウンロードできるため、それを利用することも一つの手です。2級の場合はボリュームが増す為、テキストも2冊程度所持しておく方が良いでしょう。

 資格を取得するには、過去問を徹底して解く事が必要不可欠です。また、テキストを見て論点を把握する事も重要なポイントです。この2点を重視することにより、合格率は比較的高まります。

 テキストを読む際には、テキストの流し読みが重要です。頭にぼんやりと流れが残り、内容が把握できたら実際に問題集や過去問にチャレンジしましょう。

 フィナンシャルプランナーは、アメリカでは弁護士や公認会計士程の社会的地位が与えられており、日本でも近年注目度が高まっています。今後高齢社会が予測される中、資産運用をプロに任せようと考える人も増え、重要がますます伸びる事が考えられます。一生懸命勉強し、資格を取得してファイナンシャルプランナーを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する