1. 転職を有利に進めるためにおすすめな職種と資格

転職を有利に進めるためにおすすめな職種と資格

 転職に有利な職種や不利な職種がある事を知っていましたか?ここでは転職に有利な職種についてお話ししていこうと思います。

転職に有利な職種

 転職を最初から考えているのであれば、以下のような職種についている事が有利になります。例えば営業職です。営業職では知識が必要なため、業界の変更は難しいかもしれませんが、汎用性に富む資格です。不況であっても常に需要があるためビジネススキルさえ習得出来ていれば転職に有利に働きます。

 次に人事や経理です。この2つの職種は、基本的に需要があります。人事は元々なれる人が少ない上、外資系企業にも喜ばれるため採用される確立は高くなります。経理に関しては仕訳だけではなく、原価革新やIFRS対応に関係していれば転職の際に喜ばれます。経理では単純作業ではなく、企画に介入するような体制が好まれるかと思います。

 続いて一般事務です。一般事務では、特に業界内で汎用的に使える知識を備えていると有利です。転職の際には年齢がポイントになるため、若いうちなら採用されやすくなります。

 そして理容・美容系の職種ですが、こちらは経験さえ沢山積んでいれば、勤務先候補も沢山あり、転職に向いている職業と言えます。しかし、給与はそこまで高くないというのがデメリットとしてあります。

転職に有利な資格

 転職になると、資格に関しても有利か不利かという点が気になります。7割以上の企業は資格の有無は問わず募集しているようですが、中には資格が重宝される業種もあるようです。

 例えば、医療系の専門職や建築、土木系の技術職ではそれなりの資格が必要になる事でしょう。また、時には実務経験が重視される職種もあります。例えばIT系やクリエイティブ系の職種です。このような職種では、いかに即戦力で働けるかどうかという点が重視されるようです。

 ちなみに転職で取っておくと役に立つ資格が「普通自動車免許第一種」や「薬剤師」「MR」や「建築士一級」です。特に自動車免許は取っておくとどの業界にも共通して喜ばれます。また、職種にも寄りますが、保有していると便利な資格は「宅地建物取引主任者」や「日商簿記検定2級」「建築施工管理技士1級」などが挙げられます。

 転職を事前に考えるのであれば、なるべく早い段階からどのような職種に転職するのか決めておき、それに備えての準備が必要です。必要があれば資格を取る事によってますます転職に有利に備える事ができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する